2016-02-08

その後のZikaウイルス情報

コロンビアでの話です。

最近、Zikaウイルスに感染した3名が亡くなりました。その死因をZikaに感染すると発症することがあるとされている、ギラン・バレー症候群としています。
その他に同様の原因と疑われる死者が6名あるともコロンビアの厚生大臣が発表しています。
ブラジルでの研究結果として、Zikaウイルスは人間の尿や唾液の中にも見出されたとのことです。これらの体液から感染するかどうかは、まだ不明です。
アメリカなどてはZikaウイルスの感染原因として性的接触があるとの報告もあがっています。このため、Zikaの流行地域を訪れた男のひとは、暫く性行為を避けるかコンドームの利用を勧めるとのことだそうです。
普通にはZikaウイルスに感染しても、多くの人は症状が出なかったり、軽い熱や軽い湿疹程度ですんでいます。それだけに、小頭症児の誕生や重症の人が出ていることの因果関係について不明なことがおおのが現在の状況です。
参考:ブラジルで小頭症児は昨年以来、4,783人生まれています。そのうち404名が母親がZikaウイルスに感染したことが確認され、709名の母親は非感染と確認されています。残りの3,670名は現在究明中です。

コロンビアの位置

0 件のコメント:

コメントを投稿