2016-03-30

CT検査画像も…マイナンバーで患者データ共有

マインナンバーの利用用途としての新しい方向性の一つです。(医療・保険・介護・健康増進などの分野においてはマインナンバーの利用用途は無限と言えるほど広く存在します。(逆に国民に一意=ユニークな番号が付いていない状況では全く出来ないことなのです)

CT検査画像も…マイナンバーで患者データ共有


(引用)マイナンバーカードには、所持者本人であることを証明する電子証明書も組み込まれているため、
とあるように、本人確認を電子的に行うことができるシステムが組み込まれているというところがキーになります。なりすましや芋づる式の情報漏えいを防ぎ安全に本人確認ができるシステムです。
この記事の図がよく分かるように説明しています。ある、病気でCTを撮った場合に他の医局でCTが必要だったりあれば診断がより正確であったりした場合に利用ができます。(現在はそのようになっていない)コストも安くなる、診断スピードも早くなる、患者や医者の負担も大幅に軽減されます。
このようなことが常識の時代になると、それが無かった時代を振り返った時にその時代が如何に異常であったかが誰にも分かるようになります。5年〜10年でその時代になります。(そうなったた時に異常な今の時代を振り返りたいとも思います。😂 )

0 件のコメント:

コメントを投稿