2017-01-04

CRISPR will be a huge story in 2017. Here are 7 things to look for. - Vox

CRISPR will be a huge story in 2017. Here are 7 things to look for. - Vox:

CRISPR/Cas9という遺伝子を簡単に操作できる技術が生まれていますが、これが今年はより大きな進化を遂げるという記事がありました。
非常に広範囲な分野での活用ができるので、今までの人類の大きな悩み・課題の多くがこの技術によって解決され、まったく新しい歴史の時代にわれわれ人類は歩み出すのかもしれません。この技術には無関心ではいられないと感じています。(実用化の過程ではいろいろな問題=倫理の問題、コストの問題、副作用的な問題などがもちろん出てきますが、それらは人類の叡智で乗り越えてゆくでしょう。)

 CRISPR/Cas9技術がどのように役に立つのかの例7題

1:ゲノムの配列が実際にどのように働いているのかを知ることができる。ゲノムのある配列部分をノックアウトすることで、その部分がどのように働いているのかを知ることができるから。ゲノムを見ただけでは人間には意味が解釈出来ないが、ノックアウトすることでそれを確認できる。全ての生物(細菌、植物、魚類、哺乳類など全て)は、ゲノム(遺伝子配列と言い換えてもいい)によって決定されている。

例えば、テマリカタヒバという植物は極度の乾燥状態におかれても、水を与えると生き返るという生命力があります。この秘密をCRISPR/Cas9で解き明かし、他の植物をゲノム編集することでその能力を持たせることができる可能性があります。



2:今後30年間で地球上の人口は20億人増えると予想されています。(現在70億人) より多くの食料が必要とされています。新しい遺伝子組換作物がなければそれは実現できません。雑草・害虫・干ばつに強い植物であり収穫までの期間がより早い植物が必要なのです。これまで行われてきた遺伝子組換(GMOs)ではそれは実現できません。



3:アルツハイマーやパーキンソンなどの神経変性疾患の解明にCRISPR/Cas9が効果を発揮するとの研究が進んでいる。現在はこれらの疾患については治療手段を持っていない。しかし、それを解決する可能性がCRISPR/Cas9の技術によりありうる。



4:ある種のガンについてCRISPR/Cas9技術による治療研究が進んでいる。今年はCRISPR/Cas9を用いたガン治療がペンシルバニア大学で行われることになっている。(認可を得た)18名のガン患者から免疫細胞を取り出してCRISPR/Cas9で改編した上で患者に戻すことで効果的にターゲットとしてガン細胞の増殖を抑えることができる。



5:現在、プラスチックを作るのには石油を原料にしている。しかし、CRISPR/Cas9をもちいることでそれを革命することができる可能性がある。

砂糖を炭化水素に変換するある種の酵母菌をコントロールすることで可能である。まだ、研究が必要であるが車のバイオ燃料もこの延長で生産ができる可能性があり研究がなされている。

他分野において石油化学原料への依存を低めていけるのである。



6:薬品やワクチンを薬学の分野では作り出すことができる。植物の細胞をCRISPR/Cas9で改編することで、植物細胞を一種の生産工場にしつらえることができる。安価に生産できるこや毒素や病原体に汚染されるリスクを低めるなどが実現する。「分子医薬品工場」とでも呼ぼうか...



7:HIVウイルス、疱疹、肝がんウイスル、そして子宮頸がんウイスル(HPV)などのウイルスを破壊することがCRISPR/Cas9技術によって実現しようとしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿