スキップしてメイン コンテンツに移動

電気自動車が普及を始める、マンションに充電スポットが必要なのでは??

電気自動車+自動運転車の普及が加速度を増し始めてきました。
マンションに住んでいると電気自動車を購入すると「充電ができない」と先ずアタマに浮かびます。
そろそろ、マンション内に充電スポット(充電ステーション)を配備するかどうかを検討したほうがいいように思います。結論を出すまでに1年くらい掛けるのが望ましいと思います。(この分野の進展は非常に速く、変化も激しいのでよくウオッチして対応することが大切です。現在の新聞記事などの内容は容易に変わることがあり得るので。)

このリンクで、電気自動車用充電器を設置する具体的方法や内容 を知ることができます。

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故がスポットライトを浴びており、免許証返納がもてはやされています。しかし、これは相当におかしな話です。既に、今発売されている車の多くにおいて踏み間違いの事故は起こりません。これから新発売になる車ではほぼその対策がなされるのでこの種の事故はゼロになります。免許証返納してしまうと..しまった!という事になりそうです。追突事故の類がほぼ無い車がもう2年もすれば一般的になります。自動運転車のレベルで3段階目くらいが2年後の発売される車のほぼ全てになりますから。これらのレベル3の車には追突事故はありえないのです。
そして、これらの車はほぼ全てが電気自動車(EV)になってゆきます。つまり、マンションでEVを買う人にとって充電が心配なのです。
まだ、時間があります。1年かけてじっくり検討するタイミングなのだろうと思います。情報は大量に今出始めています。(これまでの情報では分からないことがあまりにおおすぎるのが実情)

参考サイト:
マンションでは電気自動車に乗れない?!充電設備導入が難しい理由とは?
マンションに電気自動車の充電器を無料で設置できる!? 行政と民間の取り組み



この記事など参考に下は書いています。
自動運転車のレベル0から5まで概要: 
レベル0 ドライバーがすべてを操作
システムが介入することなく、ドライバーがすべての運転タスクの実施をする

【運転支援】レベル1 システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート
車線の逸脱を検知するとステアリングを補正、先行車との距離を一定に保つために自動でスピード調整をするACCなど、ステアリング補正やスピード調整のどちらかをサポートし、ドライバーがもう一方をコントロールする技術を備えたクルマを指す。
「運転支援技術」と呼ばれ、「自動運転」とは呼ばない

【運転支援】レベル2 システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート
システムが車線の逸脱を検知するとステアリングを補正、先行車との距離を一定に保つために自動でスピード調整をするACCなど、ステアリング補正やスピード調整のどちらもサポートする技術を備えたクルマを指す。
「運転支援技術」と呼ばれ、正確には「自動運転」とは呼ばない

【自動運転】レベル3 特定の場所でシステムが全てを操作、緊急時はドライバーが操作
システムが高速道路など特定の場所に限り交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行う。緊急時やシステムが作動困難になった場合は運転者が対応を行う。
Audi A8は世界で唯一のレベル3の自動運転を搭載しているクルマ(2019/06/21現在)
日本ではまだレベル3の自動運転が法律で許可されていない。日本では2020年までにレベル3の自動運転を許可する法律を作ると政府は計画している。(出来るだけ法整備は急ぐことが必要と思う。事故は激減するのだから、レベル3のクルマは続々と発売が今年の末ころからなされると思われる。)

【自動運転】レベル4 特定の場所でシステムが全てを操作
システムが高速道路など特定の場所に限り交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。システムが緊急時の対応も行う。
どのメーカーも市販段階には至っていない。

【完全自動運転】レベル5 場所の限定なくシステムが全てを操作
システムが場所の制限なく交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行う。システムが緊急時の対応も行う。
レベル5に達するとドライバーが運転を行う必要が完全になくなるため、メーカーはアクセルやハンドルを排除したクルマを発売することも可能になる。
多分、レベル5のクルマが発売されるのは10年くらい先になるのではという観測が強い。5年以内に発売すると計画している会社が何社もあるが..



レベル1の内容詳細

  • 一定の車間距離を維持する
  • 車線の逸脱を補正する
  • 車線変更時の死角を検知する
  • 出庫時の衝突を回避する
  • 駐車時の一部をサポートする(バック時や縦列駐車)
  • 走行時に危険を察知し減速したり停止したりする

つまり、レベル1のクルマが大量に市場にでれば交通事故は激減することになる。ゼロにはならないことも念頭においておくことが大切。マスコミは、レベル1の車で事故が起きると「センセーショナルに自動運転車を否定する」報道を行うから。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
予め設定した車速内でクルマが自動的に加減速。
前走車との適切な車間距離を維持しながら追従走行し、ドライバーの運転負荷を軽減します。

トヨタの戦略についての記事があったのでご紹介:
トヨタ自動車が開催した「電気自動車の普及を目指して」説明会の意味をじっくりと考えてみた

コメント

このブログの人気の投稿

台風の風がトイレに逆流しました。

10月16日の26号台風は、朝方強風が吹き荒れました。
トイレに入ってびっくり!
この写真のようにトイレの中はゴミが散乱していたのです。(写真はクリックで拡大)
年初に給湯管とバスユニットの入れ替えなどリニューアル工事を行ったのですが、さまざまなことがありました。今日はまた、このような現象が発生しました。
[10.18追記]
 他の部屋の方に聞き取りをしました。
 3人に聞く事ができたのですが、お二人の部屋も同様に換気扇を通してトイレ内にホコリが落ちてきたとのことでした。もうお一人は「そんなこと無かった」とのことでした。
 お風呂の方にはホコリが落ちてこなかった原因の推定として、風呂の換気の周りは湯気の湿気でホコリがくっついており落ちてこないのではとのこと。
[10.22追記]
風呂の湯気の逆流防止として朝日管理(株)さんより以下の提案をいただきました。
ダンパーをつけても廻りは隙間があいているので完全にゴミが落ちない訳ではございませんが下記のダンパーをダクトに咬ませる事はできます。
参考
http://wwwl1.mitsubishielectric.co.jp/wink/shohinDisplay.do?productId=4521
 その後、このマンションの換気などの構造に詳しい人の話を聞くことができました。トイレ・洗面室・風呂の換気については一体構造になっている。それに対応した電気スイッチがついている。風呂もしくはトイレの換気スイッチを入れると両方が同時に動作を始める。冬、風呂に入っているときに家族がトイレに入ると冷たい風がドアの通気口から入ってきて困ることがある(そういう構造)。この構造を支えるための特殊な電源スイッチが風呂の入口についている。しかし、このスイッチが現在ではメーカーで廃番になっており入手ができない。(先日、朝日管理さんより電話でごくわずかの在庫が実はメーカーに在ると判明したと連絡があった)
利用者としては、風呂とトイレの換気は独立したものであるのが望ましい。しかし、風呂の湯気の逆流やトイレのニオイの風呂への逆流は困る。
この2つを解決した風呂+給湯管リニューアル工事をやっていただきたいと願います。

これまでの経緯はここをクリックしてください。





補足:右カラムのラベルの分類文字をクリックすると投稿をフィルタリングして表示出来ます。

一度、きれいに掃除機かけたのだけど…

三芳町議会選挙結果

21日に投開票された三芳町議会議員一般選挙開票結果です。
いろいろと考えることがありそうですね。(出典)

順位届出番号候補者名確定当落政党18鈴木じゅん1,686当25久保けんじ1,217当無所属34ももぞの典子1,107当公明党

生協の「ほぺたんカード」について

(追記) 2017年6月17日(土)、みずほ台店へ買い物に行きました。2週間ほど行っていなかった。さすがに「ほぺたんケード」加入を呼びかけるチラシの掲示はほとんどなくなっていました。数枚、目立たないように貼ってあるという程度でした。ここにも書いたとおり失敗は目に見えていましたからね。


私は生協「コープみらい」の組合員(店舗利用)なのですが、数か月前から「ほぺたんカード」というものを大々的に宣伝していますね。 非常に違和感を感じています。 なんで生協が、組合員メリットのほとんど無いこのような仕組みを導入するのだろうか?と。 このシステムの導入には極めて大きなコストがかかっているだろうとも推定します。(全額に近い費用を富士通や凸版系の会社が負担してくれたわけでもないだろうから。)どう考えても成功するとは、私には思えない。時代の読み方が根本的に間違っていると思います。 生協はつねに組合員へのメリットを追求する組織であると組合員は感じて利用していいます。このシステムは、うまく運んだら「生協のメリットが大きい」ことに目がくらんだのだろうか....
「ほぺたんカード」の説明サイトなどを読んでみて違和感を感じた部分を以下にコメントいたします。

レジ処理のスピードアップやお得なサービスを提供することで、組合員の利便性と満足度の向上を実現する。 レジ処理は本当にスピードアップされるでしょうか?自動チャージができない仕組みなので、カードで支払おうとして残高不足の場合は、その場で現金を出してチャージしなければならない。つまり、余計な時間がかかりますね。 このため、「レジに入るまえにチャージしておいてくださいね」と店内アナウンスしていました(T_T)。自動チャージの仕組みはないので組合員はチャージ機でチャージして(もしくは残高を確認して)からレジに並びなさいということですね。不便きわまりないです。 そもそも、買い物カゴに入っている商品の合計金額などわからないのだから、多め多めにチャージするしかないですね。 利便性と満足度の向上というとだけど、何らそんなものは感じられない。 大きな問題のもう一つは、このカードは生協の店舗でしか使えないことです。Suicaならコンビやスーパーなど使える店舗が多様かつ多数あります。スイカがプリペイドであることには常に違和感ががありますが、利便性の面から我慢して使っています。スイカは私…