スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

コロナウイルス感染防止のために

最近の投稿

ラジオ体操のオススメ

毎日、テニスコートでラジオ体操を続けて来ました。しばらく、テニスコートが閉鎖になったので上の広場で行っております。本日(4月9日)下記を参加のみなさんへ配布いたしました。
配布文章緊急事態宣言が発せられましたが、ラジオ体操は続けてゆきたいと思います。
朝のラジオ体操は「こころと身体の健康」を維持するために大切なことと思っています。
ウイルスを警戒して単に部屋に閉じこもるというのは問題も多いのではと考えます。
感染症の専門家の先生方も一日に一度は外に出て適度な運動を行うよう勧めています。
1.8mお互いに離れるように気を配って体操をやるようにしましょう。話をするときも1.8mの距離を保つとよりが望ましいかもしれません。 参考:コロナウイルスに感染しない方法など www.ashct.com に書いています。
ラジオ体操は、朝の新鮮な空気を吸って身体を動かすので非常に健康への良い効果期待できます。
NHKのラジオ体操は、非常によく考えて作られています。僅か10分足らずで終わりますが有効性が高いと実感しています。

朝、気分をより良くしたいと考えられたら参加を検討してください。参加自由、やめるも自由というのが運営上では一番の良いところでもあります。

以下は、政府にコロナウイルスへの対応で助言を与えている専門家の有志の方々が発しておられる文章です。「運動不足」は身体にもこころにも悪い影響を与えます。その対策として、特に若くはない年齢のわれわれにはラジオ体操は最適の運動と実感しています。
(引用) ...お一人での散歩やジョギングなど、人との距離が離れた屋外での活動は、問題ありません。運動不足にならないように注意して下さい。

感染を防ぐ効果的な策
感染は、圧倒的に接触によるものです。
感染した人と直接接触する(握手とかハグとかキスするとかです)ことが一つの接触です。(日本人はこの感染は当然少ないですね。)

もう一つの接触は、
感染した人が触れたところに触ることで手にウイルスを付けてしまことです。
その手を顔に持っていってしまいます。このことは誰にもありうることです。これを十分に気をつけなければなりません。

感染とはウイルスが口・鼻・目から入り込むことです。
顔に手を持っていかなければ、感染の大半の機会が無くなります。
手をしばしば石けんと水で洗うこと手を顔にもってゆかない この2つのことを守…

新型コロナウイルスに感染しないために

感染予防でやるべきことを書きます。

怖がってパニックになってはいけない。自分ができることを考え、それを継続して行う。手洗いが重要です。こちらに詳しい情報を乗せました。ウイルスは人の行動を利用して人から人へと感染を広げていきます。従って、人との接触を減らすことが有効です。人との接触を80%減らすことを専門家や訴えています。今まで10人と会っていたなら、8人を減らし重要な2人だけにするイメージです。
ウイルスは、多くは「接触感染」で広がります。(飛沫感染での感染は比較すると少ない。このことも知っておくことが大切です。どのようなことに特に気を配るべきかを知っておかねばなりません。)

ウイルスを持っている人(症状がでていない場合も多い)から感染します。しかし、誰が感染者であるかは見た目では分かりません。本人も自分が感染していることが分かりません。感染が広がる大きな要因です。

ウイルスを持っている人が咳やクシャミをしたらウイルスが飛び出て来ます。
ウイルスを持っている人が、口や鼻や目の粘膜を触ったら手に付きます。(人は二分半に一回の割合で顔に手を持っていくとされています。)
その手で、例えばエレベーターのボタンを触ったらそこにウイルスは取り付きます。そのボタンを触った人にウイルスは取り付きます。その手で顔を触るとウイルスは体内に入り急速に増殖します。ウイルスはプラスチック表面などで48時間ほどは生き続けるとのことです。すぐには死なないのです。
多くの人が触る場所については、消毒が有効であり必要です。30分〜1時間間隔で行うのが望ましいとされています。

大切なこと、十分に気をつけることは以下です。

手を顔に持っていかないこと換気の悪い小部屋で15分以上を感染者と過ごさないこと
このビデオは大切なことを言っています。わかりやすいので見ておく価値は高いです。
元のビデオ(英語)元のビデオ(字幕あり2分50秒くらいから)


ウイルスの大きさを理解しておくのも大切だとおもいます。ウイルスは感染者の体の中に1兆を超える数が居るそうです。とても小さいので裁縫の針の先に100万個はたっぷり乗るそうです。とても扱いの難しい敵なのですよね。(感染するにはあるボリュームのウイルスの数が必要とされていますが、はっきりした数はわからないようです。しかし、新型コロナウイルスは感染性がとても強いものと考えておくの…

理事会へ「理事会ニュースの内容について投書」を行いました。

今月の理事会ニュースの内容で少々気になった文面がありましたので以下の投書を行いました。
補足:咳エチケットについて、詳しくはこちらを参照ください。
「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえること

 (前回投書などもですが、理事会は投書に対して一切の返答をしないみたいです。提案を行った者からは非常に不思議な思いです。何らかのリアクションがあるのが普通だとおもうのだけど...理事さんたちにとって返答をするのは難しいことなんでしょうか?ほっぽりだしておくということの真意がホント分からないないんです。)

DownLoardできます。

コロナウイルス問題が解決する唯一の道

コロナウイルスとの戦いを終わらせる方法は一つしか無い。 集団免疫のみである。
ワクチンがあれば容易に集団免疫を達成できるが、少なくも1年半はその時は来ない。(もっと日数が必要とされる可能性も十分にあると考えておかねばならない)
死者を最小限に抑えながら「60%程度の」国民が免疫を持つまでゆっくり感染してゆく必要がある。感染者数が医療のキャパを超えると、これは死者を大きく増やすこになる。 ゆっくりと感染者の数を積み上げゆく状況が実現できることの意味は、その時に罹患する人は弱毒性のコロナウイルスに罹患することになり、弱いウイルスのため死者は少なく抑えることができることにある。
これを実現する唯一の手段が多くの人々が外出を控えることである。どうしても外出しなければならない時であっても必ず3密を避け、手洗いの励行を徹底することである。
感染経験者が60%で十分なのか80%くらいまで必要なのか50%程度で済むのかは現在まだ不明。 大半の人たちが外出を控える(感染者に会わないと同義)期間は、何ヶ月になるのか今は不明。続けながらその終了の日が見えてくるのを待つ。
繰り返しだが...感染しないための方策は一つしかない。感染者と離れていることである。感染者と接触しないことのみである。他に方法は無い。 感染した人は、一定の日数の後に回復して免疫を持つもしくは死者となるかの二つの道しかない。
緊急事態宣言が必要な意味である。




みずほ台駅までの飲食店にも変化が

駅まで散歩がてら歩いてきました。
かなり変化が生じています。

飲食店さんは、本当に厳しい状況になっていると思います。
見かけた張り紙などです。←クリックしてみてください。



みな時々利用させていただいてきたところばかりです。
このコロナウイルスの危機をなんとか乗り越えていただきたいとこころから願います。
テイクアウトでときどき利用させていただきたいと思います。

新型コロナ緊急事態宣言で何が変わるか

2020年4月7日 『緊急事態宣言』が発出されました。
緊急事態宣言で変わること・変わらないこと についてリンクを読んでおきましょう。

(以下は、4月5日に書いたものです。)
新型コロナ緊急事態宣言で何が変わるか-「ロックダウン」とはどういうものか の記事を以下にまとめてみました。

(私が勝手にまとめたものです。正確には上記のリンクをクリックしてお読みください)

緊急事態宣言は、期間、区域、概要を定めて発出される。各種の要請・指示を行うのは、当該地域が属する都道府県の知事。


「生活の維持に必要な場合を除きみだりに居宅等から外出しないこと」の要請学校、福祉施設、興行場などの施設の利用停止とそれに従わない場合の停止指示のみ海外でみられるような、道路の封鎖や鉄道・バスの運行中止、強制的な自宅待機命令などを出すことはできない。
(食品や必要な薬品などが買えなくなることはないようです)
食料品店や薬局などは指示によって閉まることはない。また、飲食店や小規模のの物販店も閉鎖要請・指示対象とならない。

(下記は私権の大きな制限と言えると思います。)
臨時の医療施設開設のための土地・家屋等の使用については、所有者の同意がなくても使用が可能になる。

2020-04-06追記こちらの方がより最新の解説です。 より正確かもしれません。
東京都知事は緊急事態宣言を早くだしてくれ!と要望を出している感じです。ニューヨーク州の様子をみていたら当然だろうと思います。 東京と同じレベルの経済都市です。人口も多い、都市機能も世界の最高水準にある。その都市で大量の人々がコロナウイルスに感染し死者も大量に出ています。 同じ道を歩まないためには、緊急事態宣言を発して都市機能を停止してしまう以外に手段はなさそうです。その時に引き起こされる経済面でのマイナスは図り知れないものがあります。その責任を総理大臣は負わなくてはならない。全身が震える決断になります。 総理大臣はこの重大な決断をタイミングを逃さず決断することが出来るでしょうか。


少し長い文章ですが、参考になりそうな記事です。
それでも私は東京エリアのロックダウンを主張したい。