スキップしてメイン コンテンツに移動

キャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元制度を理解する

キャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元制度を理解する という記事があったので少しこの記事を活用して分かりやすく解説いたします。

記事中から引用しながら以下にコメントを付けておきます。(店舗側ではなく消費者側のポイント還元制度についてです。)

「消費税2%上がるけどさ、来年の6月まではキャッシュレス決済をしたら5%(もしくは2%)のポイントが返ってくるから増税のダメージ0どころか回復じゃん?」というものです。
これは、その通りですね。つまり、これを利用しない手はないということです。しかし、利用しない人はかなり出てくるのでしょう。「IT弱者」「スマホ難民」という人たちがそれです。
この制度を利用する消費者側に必要な対応は以下の3つです。全てを持っていることが必要です。これが重要です。

  • クレジットカードを持っていること
  • Suicaなどデビットカードや電子マネーをもっているいること
  • QRコード決済ができるスマホを持っていること
もう少し詳しく説明すると以下です。
●クレジットカード
後払い方式、支払い代金の0・5〜2%のポイントがつくものが多い。
●電子マネー
交通系電子マネーや、イオンのWAON、セブン&アイのnanacoといった流通系電子マネーがあり、タッチでスピーディーに支払いが完了する。Suicaが普通に認知されていますね。「おさいふケータイ」として名前が知らています。Apple PayとしてSuicaを私は使っているのでスマホでタッチで終わりです。個人商店など規模の小さい店では普及していないし経営者の知識レベルの問題で導入も難しそう。反面、利用する我々側には問題は無く簡単便利なものです。
●スマホ決済=QRコード決済
PayPayなどに代表される、QRコードまたはバーコードを読み込んで決済するもの。小規模店ではこれが普及する。導入が簡単、オペレーションも面倒がない。店側の人が知っておかなければいけないことが非常に少ない。


2020年の7月からはまた裸一貫で全身にダメージを受けるわけですが...
これは、そのとおりかどうかは分かりません。というのも、非現金社会(キャッシュレスと呼んでいますが、正確ではない)を政府は今後長くに渡って追求してゆきます。まずは、消費税のアップで景気を崩さないための対策として還元事業を打ち出してはいますが....実は本音はここには無いからです。政府が目指しているのは、「現金社会の”悪”を解消する」ことに真の狙いがあるのです。非現金の社会になるのであればこの程度のコストを長期に割って投資してもそれを遥かに凌駕する税収が国は得られます。そして、何より平等で透明な(税負担の)国に日本を移行することができるのです。政治家といいうよりまともな信念を持つ官僚の人たちが推進してくれているのでしょうね。ここは素晴らしいと私は思っています。(京都の有名なお寺の住職が記者会見して「現金主義を貫く!電子マネーはうけいれない!」とやってました。トンデモナイことです。現金社会をこのまま日本で留めたいという意思を明確にする政党や宗教家その他は信頼できないトンデモなんですよ。)
ですから、2020年6月末で「還元事業」の期限が来ても、別の対策を建てるのではと私は考えています。それは、マイナンバー制度と絡めてマイナンバーを使っての買い物をするとポイント還元があるというような施策が打ち出されるのではと思います。(これは私の予感です。まだ、マスコミも評論家もこのことに言及している人はほぼいない)

キャッシュレス・消費者還元事業と軽減税率制度が並行して実施されるので、頭の中で混同してしまう人は確かに多いでしょうね。
この記事など読んでよく理解しておくことが重要です。
キャッシュレス・消費者還元事業軽減税率制度
実施時期2019年10月1日-2020年6月30日増税のタイミングから9ヶ月間。2019年10月1日-増税のタイミングから終了時期未定。
内容対象となる加盟店でキャッシュレス決済をすれば5% or 2%分が還元される対象となる品目の商品を購入すれば消費税が10%8%になる
対象
  • 中小企業・小規模事業者が運営する店舗でのキャッシュレス決済(5%還元)
  • コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗でのキャッシュレス決済(2%還元)
  • 酒類・外食を除く飲食料品の購入
  • 週2回以上発行される新聞の購入
テイクアウトなら消費税8%、店内飲食(外食)なら10%といった複雑怪奇なルールあり。
主導している官庁経済産業省国税庁
中小のお店で外食した場合を考えていみると、消費税は「軽減税率」のため8%のままで、QRコード決済をすることで5%ポイントが戻ってきます。
この場合に注意しなければならいことは、(記事には無いですが)支払いをする手段のことです。小さな飲食店の場合はクレジットカードやSuiccaなど[デビットカードや電子マネー]での支払いを導入しないことが考えれれれます。コスト(導入時と運用時)のことと管理の複雑さがこのような店ではほぼ解決出来ないためです。導入するのは、ほぼQRコード決済になるでしょうね。つまり、そのような店に食べに行く我々としてはスマホが必須であり、スマホにアプリを入れていることが必要です。これが、多くの高齢者にはハードルが高そうだと感じています。老人にはスマホ持っていない人多いです。スマホ持っていても、アプリをインストールして自分の銀行口座やクレジットカード口座と結びつけることが、難しそうです。7Payがあのような事故をおこした原因の最大はここにあります。セキュリティを十分にすると多くの人がアプリをインストールできないと7Payの人たちには分かっていたので甘くしました。それが、ハッキングに合う結果となったのです。現在は、全ての決済業者のシステムでセキュリティが厳しいです。インストールマニュアルを読んで理解できる人は、高齢者には10%もいないでしょうね。多くの人は諦めるのでしょう....

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となるお店は、経済産業省のキャッシュレス・消費者還元事業のサイトで検索可能な形で公表される予定です。
これ、今の段階ではなんとも分かりにくいですね。お店を探すにもなんとPDFですからね。こういうことをやってはいけないという典型例として見ておきましょう。(笑

この事業で還元を受けることができる店では、以下の表にあるような決済業者の支払いを受け入れることが必要です。このような決済業者経由で還元事業に参加するのが普通でありほぼ全ての店がこのような決済業者(社)と手を結びます。

種類事業者(サービス例)
クレジットカード三井住友カード(三井住友VISAカード) /JCB(JCB CARD W) / 三菱UFJニコス(MUFGカード) / オリエントコーポレーション(Orico Card The Point)/ ユーシーカード(UCカード) / 楽天カード(楽天カード)  / NTTドコモ(dカード) etc
デビットカード三井住友銀行(SMBCデビット) / 三菱UFJ銀行(三菱UFJ VISAデビット) / みずほ銀行(みずほJCBデビット) / りそな銀行(りそなVisaデビットカード) / 楽天銀行 (楽天銀行デビットカード(Visa))/ ソニー銀行(Sony Bank WALLET) /住信SBIネット銀行(ミライノ デビット) etc
ブランドプリペイドカードKyash(Kyashリアルカード) / カンム(バンドルカード) / LINE Pay(LINE Payカード(JCB)) / KDDI(au WALLETプリペイドカード) etc
電子マネー東日本旅客鉄道株(Suica) / 楽天ペイメント(楽天Edy) / セブン・カードサービス(nanaco) / イオンリテール(WAON) etc
QRコード決済PayPay(PayPay) / メルペイ(メルペイ) / Origami(Origami Pay) / 楽天ペイメント(楽天ペイ) etc
地域コイン飛騨信用組合(さるぼぼコイン) / シモキタコイン(シモキタコイン) etc
私たちの住まいの近くのお店でこの対応が出来ない、意味が理解できない、何をしていいのか皆目理解できない...というところは大量に存在しそうです。何軒か当たって見ました。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象とならない商品やサービス

  • 消費税法別表第二の一~五に規定する有価証券など、郵便切手類、印紙、証紙および物品切手などの販売
  • すべての四輪自動車(新車・中古車)の販売
  • 新築住宅の販売
  • 当せん金付証票(宝くじ)、スポーツ振興投票券(スポーツ振興くじ)、勝馬投票券(競馬)
  • 勝者投票権(競輪)、舟券(競艇)、勝車投票券(オートレース)の販売
  • 収納代行サービス、代金引換サービスに対する支払い
  • 給与、賃金、寄付金、祝金、見舞金、補助金、保険金、救済金、株式の配当金やその他の出資分配金の支払い
  • その他、本事業の目的・趣旨から適切でないに反すると経済産業省及び事務局が判断するものに対する支払い


  • ファミマで商品をキャッシュレスで購入したときのレシートなど
    こちらをクリック (その場で2%が支払い金額から引かれているのがスゴイ) 現金で支払いするとこの2%の値引きはない。

    店舗側の導入時の情報(このページのようにまとめてくれるのはありがたいと思います。)
    日本のお店で、小規模な商店や飲食店の経営者は日頃が忙しいのでパソコンもスマホもほぼ使えない。このページ書いてある言葉で理解できないことが多のだろうと想像する。結局、キャッシュレス非対応だと知らぬ間にお客が3%、5%、10%と減っていってようやく
    何かしないとダメだと気がつくということなのだろうか。しかし、そのときは以前のお客さんは別の店にいく習性がついてしまい。簡単には戻ってこないのかも。


    コメント

    このブログの人気の投稿

    台風の風がトイレに逆流しました。

    10月16日の26号台風は、朝方強風が吹き荒れました。
    トイレに入ってびっくり!
    この写真のようにトイレの中はゴミが散乱していたのです。(写真はクリックで拡大)
    年初に給湯管とバスユニットの入れ替えなどリニューアル工事を行ったのですが、さまざまなことがありました。今日はまた、このような現象が発生しました。
    [10.18追記]
     他の部屋の方に聞き取りをしました。
     3人に聞く事ができたのですが、お二人の部屋も同様に換気扇を通してトイレ内にホコリが落ちてきたとのことでした。もうお一人は「そんなこと無かった」とのことでした。
     お風呂の方にはホコリが落ちてこなかった原因の推定として、風呂の換気の周りは湯気の湿気でホコリがくっついており落ちてこないのではとのこと。
    [10.22追記]
    風呂の湯気の逆流防止として朝日管理(株)さんより以下の提案をいただきました。
    ダンパーをつけても廻りは隙間があいているので完全にゴミが落ちない訳ではございませんが下記のダンパーをダクトに咬ませる事はできます。
    参考
    http://wwwl1.mitsubishielectric.co.jp/wink/shohinDisplay.do?productId=4521
     その後、このマンションの換気などの構造に詳しい人の話を聞くことができました。トイレ・洗面室・風呂の換気については一体構造になっている。それに対応した電気スイッチがついている。風呂もしくはトイレの換気スイッチを入れると両方が同時に動作を始める。冬、風呂に入っているときに家族がトイレに入ると冷たい風がドアの通気口から入ってきて困ることがある(そういう構造)。この構造を支えるための特殊な電源スイッチが風呂の入口についている。しかし、このスイッチが現在ではメーカーで廃番になっており入手ができない。(先日、朝日管理さんより電話でごくわずかの在庫が実はメーカーに在ると判明したと連絡があった)
    利用者としては、風呂とトイレの換気は独立したものであるのが望ましい。しかし、風呂の湯気の逆流やトイレのニオイの風呂への逆流は困る。
    この2つを解決した風呂+給湯管リニューアル工事をやっていただきたいと願います。

    これまでの経緯はここをクリックしてください。





    補足:右カラムのラベルの分類文字をクリックすると投稿をフィルタリングして表示出来ます。

    一度、きれいに掃除機かけたのだけど…

    三芳町議会選挙結果

    21日に投開票された三芳町議会議員一般選挙開票結果です。
    いろいろと考えることがありそうですね。(出典)

    順位届出番号候補者名確定当落政党18鈴木じゅん1,686当25久保けんじ1,217当無所属34ももぞの典子1,107当公明党

    生協の「ほぺたんカード」について

    (追記) 2017年6月17日(土)、みずほ台店へ買い物に行きました。2週間ほど行っていなかった。さすがに「ほぺたんケード」加入を呼びかけるチラシの掲示はほとんどなくなっていました。数枚、目立たないように貼ってあるという程度でした。ここにも書いたとおり失敗は目に見えていましたからね。


    私は生協「コープみらい」の組合員(店舗利用)なのですが、数か月前から「ほぺたんカード」というものを大々的に宣伝していますね。 非常に違和感を感じています。 なんで生協が、組合員メリットのほとんど無いこのような仕組みを導入するのだろうか?と。 このシステムの導入には極めて大きなコストがかかっているだろうとも推定します。(全額に近い費用を富士通や凸版系の会社が負担してくれたわけでもないだろうから。)どう考えても成功するとは、私には思えない。時代の読み方が根本的に間違っていると思います。 生協はつねに組合員へのメリットを追求する組織であると組合員は感じて利用していいます。このシステムは、うまく運んだら「生協のメリットが大きい」ことに目がくらんだのだろうか....
    「ほぺたんカード」の説明サイトなどを読んでみて違和感を感じた部分を以下にコメントいたします。

    レジ処理のスピードアップやお得なサービスを提供することで、組合員の利便性と満足度の向上を実現する。 レジ処理は本当にスピードアップされるでしょうか?自動チャージができない仕組みなので、カードで支払おうとして残高不足の場合は、その場で現金を出してチャージしなければならない。つまり、余計な時間がかかりますね。 このため、「レジに入るまえにチャージしておいてくださいね」と店内アナウンスしていました(T_T)。自動チャージの仕組みはないので組合員はチャージ機でチャージして(もしくは残高を確認して)からレジに並びなさいということですね。不便きわまりないです。 そもそも、買い物カゴに入っている商品の合計金額などわからないのだから、多め多めにチャージするしかないですね。 利便性と満足度の向上というとだけど、何らそんなものは感じられない。 大きな問題のもう一つは、このカードは生協の店舗でしか使えないことです。Suicaならコンビやスーパーなど使える店舗が多様かつ多数あります。スイカがプリペイドであることには常に違和感ががありますが、利便性の面から我慢して使っています。スイカは私…