スキップしてメイン コンテンツに移動

コロナウイルスへの対応を理事会で進めていただくよう要請を行いました。(投書)

管理組合 理事会へ以下の投書を行いました

コロナウイルスの蔓延は、突然に降って湧いて来た「災害」です。この災害は世界規模です。今、生きている人類のだれもが経験したことのない規模の災害です。関東大震災より東日本大震災より遥かに大きい災害です。
元寇より明治維新より1945年の敗戦よりもインパクトの大きい事件です。
私は、そのように受け止めています。

この災害の実際の影響がわれわれ一人一人に襲いかかってくるのはこれからです。それがいつなのか、いつまで続くのか、どの程度の規模のものなのか誰にも分かりません。計り知れない巨大なものであるということだけが予感出来るものです。

このような時に、管理組合は発生してくる問題に対応し機能しなければならないと考え以下の投書をさせていただきました。書いたとおりこれは、理事会に「あなたたちだけで何かしてよね」というようなことではありません。
何かするのは、住人ひとりびとりです。全住人がそれぞれに負うべき責任と義務がある問題です。その中心点部分に理事会が存在するということだけです。
智慧をだすのは全住人一人一人です。理事会のメンバーの方々ではありません。ここのところを全員が認識しておかねば一つとして問題の解決はできません。
(総会の場でひな壇に並んだ理事の方たちに大声で無礼千万な言葉を投げつける人がいます。とんでもないことです。あの神経は全く理解できません。全く許しがたいことです。)

もうすぐ起こりうる事態(起こらないほしいことだけど)
例えば、どこかの部屋で感染者が出た時... その棟の共用部分の消毒は必要になるだろう。地域の保健所が多分やってくれるのだろうけど...(勝手な想像です) しかし、隣の棟や他の棟の居住者も消毒してほしいと考えることと思います。 その後のマンション全体の衛生管理も必要になってきます。エレベーターなどの共用部分は特に定期的な消毒などが必要となることでしょう。

コロナウイルスで汚染されるのは、各戸の部屋だけではありません。管理室が汚染されたとしたらどうなるでしょうか。それも想定しておく必要があります。

老人世帯も多いので正しいタイムリーかつ必要な情報を提供することも大切な管理組合の仕事だと思います。まさか、「管理組合の仕事ではないのでなんにもやらない!」ということはないとおもうのですが...如何でしょうか。

もう感染が関東ではかなり蔓延しているので、感染者発生の事態を想定し必要となる行動指針を今のうちにに考えておかねばなりません。時間の猶予はありません。その対応指針の内容を住人に出来る限り詳細に衆知しておくことが必要と思います。

情報を知らされないままに何かが突然に実施される日が来たら多くの人が戸惑うことになります。
投書に書いたことですが、理事だけで背負いこんで解決できるものではない大きな課題です。全住人が担うべき課題と位置づけて対応にあたることが必要だと思います。それ以外に解決の道などありえないと思うのです。

感染者が出れば、さまざまなシーンにおいて対面での対応はやりにくくなります。電話だけでは難しいことが多いだろうと思います。デジタルツールを使わないとやれないことがたくさん出てくると私は思うのです。
ネットを使える人は理事会に何人いるのでしょうか?

感染者が出たら、管理組合としてある程度の情報を近隣の人たちに対して発表する必要にも迫られることになりますね。掲示板への張り紙では役に立ちません。PDFであの「連絡は受け付けない」サイトで発表するのでしょうか?(大量のアクセスが突如発生して、見た人たちはあきれ返るのが見えています。) 早急にサイトの改善もしておくべきだと私は思います。2020年の今の時代にある程度は耐えるサイトでなければなりません。

差別のような問題も出てくるかも知れない。外から誹謗・中傷のようなことが起こる可能性もありえます。そういう問題に理事会が対応を迫られたら立ち往生するだけです。今から考え、全住人の問題として準備しておくことと思うのです。

(情報の交換には)
チャットアプリ: skack とか ビデオミーティング:Zoom とかも練習しておくこともいざというときには非常に役立ちます。練習しておけば、使えるようになる。(使わないで済むことを強く期待しつつ練習しておく) これらは、電子メールやWeb閲覧などが普通に出来るということが前提です。ある程度軽快に作動するパソコンとスマホを保有していることが前提です。

情報交換が必要と感じたらメーリングリストへ登録を考えてください。

(2020-03-31付記) : 理事だけでこの感染症の病気に起因する問題に対処することはかなり難しいのかも知れない。能力のある人の協力を呼び掛けて智慧を出すべきと思います。打ち合わせを行うのに今までのように合ってやることはできない事態が来ています。ネットを活用して情報交流ができる体制を整えてゆくべきと思います。急ぎ準備をしてゆく時に来ていると思います。

ぜひ、これを読んだあなたも考えてください。

Download Download
2020年4月7日現在、理事会からは何らの返信もありません。不思議です。
「投書は受け取ったよ」とか「誰それが読んだよ」程度は返信しても良さそうなものだけど... 無視するというのは相当に問題あることとも分からないのでしょうか?
「無視するに値するような内容」と理事会の人たちは受け取ったのだろうか?
私にはなにがなんだかさっぱり理解できません。


コメント

このブログの人気の投稿

台風の風がトイレに逆流しました。

10月16日の26号台風は、朝方強風が吹き荒れました。
トイレに入ってびっくり!
この写真のようにトイレの中はゴミが散乱していたのです。(写真はクリックで拡大)
年初に給湯管とバスユニットの入れ替えなどリニューアル工事を行ったのですが、さまざまなことがありました。今日はまた、このような現象が発生しました。
[10.18追記]
 他の部屋の方に聞き取りをしました。
 3人に聞く事ができたのですが、お二人の部屋も同様に換気扇を通してトイレ内にホコリが落ちてきたとのことでした。もうお一人は「そんなこと無かった」とのことでした。
 お風呂の方にはホコリが落ちてこなかった原因の推定として、風呂の換気の周りは湯気の湿気でホコリがくっついており落ちてこないのではとのこと。
[10.22追記]
風呂の湯気の逆流防止として朝日管理(株)さんより以下の提案をいただきました。
ダンパーをつけても廻りは隙間があいているので完全にゴミが落ちない訳ではございませんが下記のダンパーをダクトに咬ませる事はできます。
参考
http://wwwl1.mitsubishielectric.co.jp/wink/shohinDisplay.do?productId=4521
 その後、このマンションの換気などの構造に詳しい人の話を聞くことができました。トイレ・洗面室・風呂の換気については一体構造になっている。それに対応した電気スイッチがついている。風呂もしくはトイレの換気スイッチを入れると両方が同時に動作を始める。冬、風呂に入っているときに家族がトイレに入ると冷たい風がドアの通気口から入ってきて困ることがある(そういう構造)。この構造を支えるための特殊な電源スイッチが風呂の入口についている。しかし、このスイッチが現在ではメーカーで廃番になっており入手ができない。(先日、朝日管理さんより電話でごくわずかの在庫が実はメーカーに在ると判明したと連絡があった)
利用者としては、風呂とトイレの換気は独立したものであるのが望ましい。しかし、風呂の湯気の逆流やトイレのニオイの風呂への逆流は困る。
この2つを解決した風呂+給湯管リニューアル工事をやっていただきたいと願います。

これまでの経緯はここをクリックしてください。





補足:右カラムのラベルの分類文字をクリックすると投稿をフィルタリングして表示出来ます。

一度、きれいに掃除機かけたのだけど…

三芳町議会選挙結果

21日に投開票された三芳町議会議員一般選挙開票結果です。
いろいろと考えることがありそうですね。(出典)

順位届出番号候補者名確定当落政党18鈴木じゅん1,686当25久保けんじ1,217当無所属34ももぞの典子1,107当公明党

生協の「ほぺたんカード」について

(追記) 2017年6月17日(土)、みずほ台店へ買い物に行きました。2週間ほど行っていなかった。さすがに「ほぺたんケード」加入を呼びかけるチラシの掲示はほとんどなくなっていました。数枚、目立たないように貼ってあるという程度でした。ここにも書いたとおり失敗は目に見えていましたからね。


私は生協「コープみらい」の組合員(店舗利用)なのですが、数か月前から「ほぺたんカード」というものを大々的に宣伝していますね。 非常に違和感を感じています。 なんで生協が、組合員メリットのほとんど無いこのような仕組みを導入するのだろうか?と。 このシステムの導入には極めて大きなコストがかかっているだろうとも推定します。(全額に近い費用を富士通や凸版系の会社が負担してくれたわけでもないだろうから。)どう考えても成功するとは、私には思えない。時代の読み方が根本的に間違っていると思います。 生協はつねに組合員へのメリットを追求する組織であると組合員は感じて利用していいます。このシステムは、うまく運んだら「生協のメリットが大きい」ことに目がくらんだのだろうか....
「ほぺたんカード」の説明サイトなどを読んでみて違和感を感じた部分を以下にコメントいたします。

レジ処理のスピードアップやお得なサービスを提供することで、組合員の利便性と満足度の向上を実現する。 レジ処理は本当にスピードアップされるでしょうか?自動チャージができない仕組みなので、カードで支払おうとして残高不足の場合は、その場で現金を出してチャージしなければならない。つまり、余計な時間がかかりますね。 このため、「レジに入るまえにチャージしておいてくださいね」と店内アナウンスしていました(T_T)。自動チャージの仕組みはないので組合員はチャージ機でチャージして(もしくは残高を確認して)からレジに並びなさいということですね。不便きわまりないです。 そもそも、買い物カゴに入っている商品の合計金額などわからないのだから、多め多めにチャージするしかないですね。 利便性と満足度の向上というとだけど、何らそんなものは感じられない。 大きな問題のもう一つは、このカードは生協の店舗でしか使えないことです。Suicaならコンビやスーパーなど使える店舗が多様かつ多数あります。スイカがプリペイドであることには常に違和感ががありますが、利便性の面から我慢して使っています。スイカは私…