スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

理事会の回答2 - 280万円建て替え金と管理会社への質問提出

配布された第31期管理組合総会・議案書に2,808,000円を建て替えて貸し与えたという記載があるのを見出し驚愕いたしました。詳しくはこちらもを参照ください。

私は下記の質問を理事会に送りました。

(3) p29に「火元A203の解体と火災ゴミの搬出を組合で立て替え実施(280.8万円)」との記載があります。 280万円あまりのお金は既に返却がなされたのでしょうか?もしくは、これからということであればその予定などの詳細を総会議事録などに記載して報告されることを求めます。
回答は以下の文です。

3. A-203 に対する立替金 立替金はまだ返済されておりません。同住戸の区分所有者は火災保険に加入し ており、その保険金を返済原資に予定しています。消防署から出火原因がまだ報 告されていないため保険会社から保険金がまだ支払われていない状況ですが、10 月上旬に消防署は出火原因を知らせるとのことですので、年内には保険金が支払 われるものと見込んでいます。ちなみに契約された保険金額は立替金の数倍の金 額です。万一、放火等の理由で保険金が支払われない場合は、住戸の売却代金で 返済していただく予定です。
私が求めたのは、このような重大事が全組合員に知らされないでは済まないという考えから、この件の「詳細を総会議事録などに記載し」て全組合員に報告することです。(議事録が本日2018年10月18日届きましたが一切の言及なし。)

村崎理事長の回答(この回答自体が理事会で確認をとったものではなさそうです。独断で書いて私に提示したように思います。組織運営と言えない行為です。)では、返済見込みがあるので問題無いということです。全く考え違いをしています。このお金は修繕積立金など明確な目的をもって積み立てているお金です。理事長や理事会が判断したらいつでもいくらでも出金して目的外の使い方ができるなどありえないことです。このようなことは、このマンション始まって以来の重大な規約違反であると思います。

火災で”可愛そう”なのだから、返済見込みが高いのだから、緊急だから...積立金から理事長や理事会の一存で全体の大切なお金を銀行から自由に引き出して使っていいのだというようなことがありえましょうか?

(誤解している人が多そうなので以下に蛇足を書きます。)
※ この人は「可愛そうな」状況に突如遭遇してしまったのだから貸した…

理事会からの回答 その1 管理費滞納問題

管理費滞納問題として投書したことに対して2018年9月27日に文書で回答をいただきました。

以下は、投書における私の質問です。
この資料には電話と訪問での督促を行っているとだけ記載があります。しかし、一人については別の対応もしているようです。回収に関わる理事会の対応作業内容を正しく総会の議題書には書いて明らかにすべきと思います。(隠すような必要は無いはずです)つまり、資料には訴訟費用249千円が記載されていますので、訴訟を行っておられるのでしょうか?説明を求めます。

回答は、下記です。(抜粋)
なお、当該C棟区分所有者について、2016-18年にか けて新たな訴訟を起こしたことはございません。


つまり、37ヶ月間以上も管理の滞納が続いているのにも関わらず理事会は「電話と訪問での督促」以外の手を打っていないということと理解できます。今まではもっと早い段階で裁判などの手続きを行っていたはずです。
極めて問題大きいことと私は思います。



付記:いただいた回答文書には問題が多いです。整理しながらこのブログにどこが問題なのかを書いてゆきます。数日は掛かる予定です。現理事長の理事会運営や組織運営の考え方や認識に大きな問題が存在すると私は感じております。
数日で理事会構成メンバーが変わるので、新理事会での見解を求めて行きたいと考えています。

この回答文書について、村崎理事長は独断で書いて私に送ってきたように思います。理事会として私の投書内容を確認し、回答内容を確認してはいないように思うのです。組織運営というのはそのようなものではありません。理事長は、そんなに独断で理事会を代表して見解を出してはならないです。全員合意があって初めて出せるものです。

理事会へ投書いたしました。見舞金、280万円立替払、漏水事故とその保険などについて

総会資料を読んで気づいたこと感じたことをいくつか投書いたしました。見舞金をもらったが内容の記載がない、漏水事故が頻発しており我々が負担する保険料が上がっているらしい、ペット飼育の件でペナルティを課すなどという検討を行った、などなどについて。

この投書の項目の中で一番の気掛かりは、(3)の280万円を立て替えたということです。(火元の方がお気の毒ということは理解します。しかし、このような金額を理事長もしくは理事会の判断だけで出金できるかということとは全く別問題です。) 全組合員・居住者への情報提供も無くこのような大金が理事会の一存(もしくは理事長の一存)で出金されるということに驚愕しています。ありえないことではないでしょうか?
そのような権限が理事会に与えられているのでしょうか?そんな権限はありません。規約にもまったくそのようなことが可能と読める条文はありません。(アドバイザーであり印鑑・通帳を預かる朝日管理さんはなんの問題提起も理事たちに対してなさらなかったのでしょうか?私には不思議です。)

この大金を「建て替えた」という件についての情報そのものは定時総会資料が配布されようやく知らされました。事後報告というレベルをも逸脱したものと言わざるを得ないと感じます。しかも、多くの人は総会資料を見てもこの記述を見出すことは困難かもしれません。それほど目立たない表現で書いています。(なぜなのでしょうか?)
普通に考えれば、管理組合全員の財産から融資する(立て替える)とすれば臨時総会を開いて承認を得た上で行うというのが最低限のルールのハズです。返済計画や担保を取るなども含め融資の条件をしっかり全組合員に周知した上で諮り、承認を得るべきことです。(そして、このような件は一人でも反対があれば実施出来ない性格のものと私は考えます。)
今回のような経緯も金額の中身も返済予定も融資の日時も金銭消費貸借契約書(借用書)も無いなどなど重要事項がさっぱり我々に分からない説明というのは戸惑うばかりです。こんないい加減な説明(議案書の)文で済まされるのでしょうか?
期末決算書を見ると7月末現在、立替金として2,808,000円が計上されています。7月末時点では返済は全くなされていないことが分かります。(このお金を出金した日時は我々に知らされていません。恐ろしいことです。なお、280万円は一戸あたり…

管理費滞納問題で理事会へ投書いたしました。

総会資料を配布いただいたので、管理費滞納問題について感じたことを投書いたしました。

印刷用

前年(2017年)の総会時にもこの管理費滞納に関して投書をいたしました。その詳細はこちらのページを参照ください。ここと前年を読んでいただくことで私の投書の内容をより正確に理解いただけると思います。

もう一通の投書(我々の積み立てた、大切なお金が280万円も知らない間に出金された!) 関連

参考:(ネットにはたくさんの滞納問題についての情報があります。参考になると思います。以下は一例です...)
マンションの管理費と修繕積立金の違い
マンションの管理費、滞納があったらどうなる?
管理費等の滞納金を払ってもらえない!
マンション管理費の滞納!理事会はどう対応するべきか?
支払いが難しい時の対処法

NHKニュース・防災アプリが進化

NHKのスマホ用アプリ「ニュース・防災」がかなり進化して充実した情報を提供してくれるようになっています。
iPhoneで見たイメージ画像

このアプリについて
○最新ニュースや災害情報をいち早くお届け。
○速報や災害・避難情報をプッシュ通知でも。
○マップ上で雨雲や台風、地震などをチェック。
○災害時などにはライブの放送同時提供も。
○NHKの公式アプリです。

スマホを持っていたら、このアプリは必須ですね。使い方に慣れると非常に役立つと思います。
災害の恐れがあるような時にスマホは本当に役に立つ時代になりました。使い方をちょっとだけ勉強して、使い慣れると生活に役立つシーンが膨大にあると思います。


災害などに備えて、IT機器(スマホやパソコンなど)が使える準備をしておくことが大切です。停電しても使うためには充電器が必要ですね。二回分程度充電できる充電池が適当かなと思います。
今の時代ですから、停電しても最大で半日くらいもすれば電気が来るのではと思いますが。電波も一時的に切れる可能性がありますが、重要なインフラなので各携帯会社は復旧に全力で当たってくれるはずです。都市部では特に。携帯電波は、停電しても多くの場合生きています。ネットは停電中も多くの場合は使えるということです。電話は回線が弱いので災害時は使えないと思ったほうがいいです。通話はできないけど、通信は生きているのです。SNSが災害の時には頼りになります。情報が大量に流れています。親戚や知人などとの連絡もメールやSNSでならば可能です。今日の朝のNHKでもそのことを呼びかけていましたね。

インターネットが使えない状況になるのは、今の時代は本当に困ったことなので できる範囲の対策をしておくことですね。

ネット回線がどこでも使えるという環境は、不可欠なインフラという認識を持つ時代です。マンションの集会室にはWi-Fiが配備されているということは是非考えてほしいですね。そして、早期に対応してほしい。このようなところにお金を使うのが今の時代には必須の発想なのですが...