スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2020の投稿を表示しています

コロナウイルス感染防止のために

こちらにコロナウイルス感染防止のためになにが必要なのかを書いてゆきます。少し長くなりますが、お読みいただければと思います。そして、みなさま方からもご意見などお寄せいただくとありがたいです。

テレビなどでは、政府の対応に批判を公然としゃべるゲストが出てくるようですが、ああいうのに騙されてはなりません。
専門家会議が目指していることは、医療崩壊を招かないことなのです。世界の多くの国々で医療崩壊が起こっています。韓国、イタリア、スペイン、フランス、ニューヨークなどなど...日本は持ちこたえています。ここをしっかり評価しなければなりません。とても大切なことで分かりやすいことなのですが、意外とこれが分かっていない人が多いようです。

このマンションには、高齢者が多いので特に感染に気をつける必要があります。
感染の予防に一番の効果がある対策は、下の図です。

人の集まる集会(食事会、友達とのお茶会、勉強会などダメなんです)人が多数集まる場所(集会・イベント・合唱の練習などダメなんです)密接して話をすること(たとえ、二人であってダメなんです)

手洗いが大切です。(手洗いについては項目を建てて書きます。)咳やクシャミをするときはハンカチもしくは腕で口や鼻を覆いましょう。手についたウイルスを体内に入れないため、手で口、鼻、目を触らない。

このマンションで普通に生活していて気になることがあります。
ウイルスは、感染した人の体の中で増殖し1兆個を超える数になります。そして、体内から液体と一緒に出てきます。感染者が咳をしたときに唾液と一緒に吐き出されますね。目が痒くて書いた時に手に付きます。鼻の穴を手で触った時に手に付きます。
汗をかいた時にも汗の中に混じってでてきます。今の時期は汗は出ないのであまり問題ではないです。
感染者の手にはウイルスが付着していることが普通です。その数は想像外の多さです。ウイルスはとてもとても小さいモノなのです。

例えば、
感染者の方がエレベーターに乗るとボタンを押します。ボタンに付着します。感染者方がエレベーターの中で咳をするとマイクロ飛沫となってある時間漂います。エレベーターは直ぐに扉が閉まってしまうので換気が不足します。この非常時だけはエレベーターの扉は待機している時は閉じない設定にエレベーター保守会社に依頼して変えてもらうといいですね。密閉空間では、換気が重要なの…

情報交流メーリングリストを作りました。

主にこのマンションの住人の人を対象にしたメーリングリストをつくりました。

このマンションに住んでいることで必要となる情報を交換したいと思います。

こちらをクリックして参加してください。

メールの量が多すぎるようにならない配慮を行います。本当に必要な情報だけをここには投稿するようにしたいと思います。
厖大な情報が、SNS上に流れています。SNSには重要な情報がたくさんあります。必要な人はFacebookとTwitterを是非ご利用なさってください。
正しい情報を必要な時に捉えて真実を理解してゆことだけが、このウイルスに負けない(打ち勝つまでは行かないかも)唯一の方策と思います。

このマンションで「感染者」が出た時などを考えています。そして、その「X-Day」はそう遠くない近日中に発生します。その時は正しい情報が必要です。
こちらも参考にお読みください。

三芳町で感染者発生

三芳町でも感染者がでたと発表がありました。

町内における新型コロナウイルス感染患者の発生

(引用)
3月31日、三芳町内において新型コロナウイルス感染症の感染事例が初めて確認されました。
埼玉県が発表した情報によると、感染者は三芳町に住む30歳代の女性です。

心配は、我々の住むこのマンションから感染がでることです。
対応すべきことがたくさんあり、それぞれがやさしくない。迅速性が求められる。
何より正確でタイムリーな情報を住人に十分な量提供することが必要です。
こちらに書きましたのでおよみください。



角上魚類 トップス ふじみ野店 の感染者と同一人かは不明ですが...
(概略:↑を参照)

4 月 2 日 (木) 営業再開感染疑いのある従業員が判明、3 月 31 日(火)開店より休業3 月 24 日に発熱し、24 日に医療機関にて受診、異常が見られず自宅療養2 日間、経過観察27 日は平熱(36.6℃)のため、出社。27 日午後に退社その後、発熱したため(37.1℃)、医療機関を再度受診PCR 検査、30 日深夜に陽性と判明31 日早朝、本人から連絡


コロナウイルスへの対応を理事会で進めていただくよう要請を行いました。(投書)

管理組合 理事会へ以下の投書を行いました

コロナウイルスの蔓延は、突然に降って湧いて来た「災害」です。この災害は世界規模です。今、生きている人類のだれもが経験したことのない規模の災害です。関東大震災より東日本大震災より遥かに大きい災害です。
元寇より明治維新より1945年の敗戦よりもインパクトの大きい事件です。
私は、そのように受け止めています。

この災害の実際の影響がわれわれ一人一人に襲いかかってくるのはこれからです。それがいつなのか、いつまで続くのか、どの程度の規模のものなのか誰にも分かりません。計り知れない巨大なものであるということだけが予感出来るものです。

このような時に、管理組合は発生してくる問題に対応し機能しなければならないと考え以下の投書をさせていただきました。書いたとおりこれは、理事会に「あなたたちだけで何かしてよね」というようなことではありません。
何かするのは、住人ひとりびとりです。全住人がそれぞれに負うべき責任と義務がある問題です。その中心点部分に理事会が存在するということだけです。
智慧をだすのは全住人一人一人です。理事会のメンバーの方々ではありません。ここのところを全員が認識しておかねば一つとして問題の解決はできません。
(総会の場でひな壇に並んだ理事の方たちに大声で無礼千万な言葉を投げつける人がいます。とんでもないことです。あの神経は全く理解できません。全く許しがたいことです。)

もうすぐ起こりうる事態(起こらないほしいことだけど)
例えば、どこかの部屋で感染者が出た時... その棟の共用部分の消毒は必要になるだろう。地域の保健所が多分やってくれるのだろうけど...(勝手な想像です) しかし、隣の棟や他の棟の居住者も消毒してほしいと考えることと思います。 その後のマンション全体の衛生管理も必要になってきます。エレベーターなどの共用部分は特に定期的な消毒などが必要となることでしょう。

コロナウイルスで汚染されるのは、各戸の部屋だけではありません。管理室が汚染されたとしたらどうなるでしょうか。それも想定しておく必要があります。

老人世帯も多いので正しいタイムリーかつ必要な情報を提供することも大切な管理組合の仕事だと思います。まさか、「管理組合の仕事ではないのでなんにもやらない!」ということはないとおもうのですが...如何でしょうか。

もう感染…

ユヴァル・ノア・ハラリ: “新型コロナウィルス”について

『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリ氏、 “新型コロナウィルス”についてTIME誌に緊急寄稿!原文
この論考は非常に示唆にとむ、内容深いとおもいました。

日々、状況が変化しています。一日で様相が一変します。
ある程度は見えてきたのですが、多くの予想できない事象が次々に出現している毎日です。

政府も学者も本当のことをしゃべれないほどの予想や予感が彼らのアタマのなかにはあります。エビデンスを示してそれを国民に訴えることはできないので、しゃべれないのです。

相当に苦しい状況があり得ることを想定して、全てのことを考え行動してゆかねばならないと思います。(決して、先を争って買い溜めするようなことをしてはなりません。)みんなが知恵を出し合い、協力することにおいてのみ乗り切ってゆけると思います。対立や非難合戦はもうお終いです。(そういう内容のテレビに遭遇したらスグにチャンネルを変えるかスイッチ切りましょう。)




2020年春 テニスコートのさくら 日々の変遷

毎年、テニスコートのさくらを写真にとって残しています。

今年も、朝を中心にiPhoneで撮影してGoogle Photosのアルバムに残してゆきます。

今年は、2019年3月21日(木)から撮り始めました。開花の早い年の中でも今年はより早ようです。2〜3日開花が早いようです。こちらをクリックしてください。

2020-03-20 朝のさくら

過去のさくらの状況は、ラベル 桜情報 をクリックで見られます。

「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)

2020年3月19日、「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)が発表されました。

極めて重要と思います。
少々長い文章で難解な部分もありますが、これをしっかり読んで理解しておくことが全ての国民にとって重要と思います。批判もすればいいし、拒否する部分があってもいいですが、まずは読んで理解した上でのことですね。

こちらをクリックで読めます。


手洗いの励行は、なぜ必要なのか!

コロナウイルス問題で感染を防ぐために必要な対策として「手洗いの励行」がいわれています。 その意味を教えてくれる記事です。とても参考になります。少し長いけどがんばって読む価値ありです。
今、マスクが不足して病院や老人施設、花粉症の人など本当にマスクを必要としているひとたち(コロナウイルスのためでなく必要な人)が大変に困っています。 普通の布マスクは、コロナウイルスの予防に効き目はありません。しばらく以前はTVもそのように弱めですが放送していました。しかし、不足が深刻になったら言わなくなりました。テレビってそんなものです。 感染予防を考えるなら、手洗いの励行です。マスクは必要な人たちにまわるように購入をしないことです。 なお、医師が使う医療用のマスクは予防効果がありますが普通の人間は息苦しくて着けていられないです。それほどのものでないと効果ないのです。 感染しているかも分からない人(咳がでる、呼吸が苦しいというひと)は、外に出て人に会う時にはマスクをするのがエチケットです。
コロナウイルスはなぜ石けんや洗剤で殺されるのか

管理費滞納問題

われわれのマンションにも管理費の滞納がある。しかし、実態をどういう訳か理事会は明らかにしようとしない。不思議なことです。
10年くらいまえは、管理組合総会の資料でその内容を今より詳細に報告していました。
こんな問題を「隠す」意味が全く理解不能です。

滞納者からお金を出させるのは、至難の技であり、ものすごく厄介です。素人の理事です。任期は二年しかありません。こんな問題を理事会で抱え込むのは間違いと分かるはず。
どうすればいいか? → 問題をオープンにして住人全ての人の共通の問題とすることがスタート地点です。知らなければ、全員が「うまく行っている」と思うのです。問題を知らされなければ、問題が在るとだれも感じません。

問題があると認識すれば、知恵が出ることが期待出来るのです。万々一、滞納した管理費を損失処理するようなことになったとしても、滞納問題があったことの詳細を何年にも渡り知っていれば納得も行くでしょう。知らないで、「突然ある日、損失処理します。」「管理費が足りないので臨時徴収します、とか管理費値上げします。」とかなったら大混乱です。

情報をオープンにして問題を全住民で担い知恵を出し全員で解決してゆくという運営を望みます。(それ以外にいい方法があれおしてくださいね。)

問題をオープンになどしたら、管理組合・理事会にクレームが殺到するのだからそんなことはやらない。知らせないで2年間やれば終わりだ。面倒なクレーム老人になどつきあってられない。では、よくないことですよね

以下を是非お読みください。大きなヒントです。
マンションの管理費等の「滞納」は、いずれ必ず社会問題に発展する

本質は、管理組合の運営全般を改革しなければならない時期に何年もまえにきているのですけどね。
理事の選出方法から変えないとだめですね。小学校の給食当番を決めるのだって、こんなやり方(じゃんけんかアミダで負けた人が理事になる)は今はないのではないでしょうか?

朝日センチュリー みずほ台 公式WEBsite

朝日センチュリーみずほ台 公式WEBSITEができました。


残念です!!
サイトはなんのために作ったのか、全く意味不明です。
必要性がほぼ無い情報だけを少し掲載している...
だれか、サイトの制作に関係したひと教えてください。



サイトが優れていると情報が有効に活用できる例
東京都のコロナウイルス「都内の最新感染動向」

参考
PDFについて 避ける理由

コロナウイルスの正しい知識と正しい対応

日本全体がコロナウイルス問題に襲われています。(世界でもと言ってもいいかも)
しかし、デマや誤った解釈が膨大に蔓延していることも見逃せません。
正確かつ正しい情報を得て必要な対応をしてゆくこと、不必要な行動をとったり誤った解釈を行わないようにすることが大切です。

日々、状況は進展し変化しています。1週間まえの情報には「間違いだった」というものも出てきます。

テレビは、かなり信頼できない情報を垂れ流します。サワリだけを放送するので分かりにくいことが多いです。テレビは少々疑ってかかりましょうね。
この件は、収束がいつになるか不明です。しかし、長く続くと(期待した?)情報発信が特にテレビでは目立ちます。(視聴率取るにはそうせねばならないのですよね。) 
例年より今年は春の訪れが非常に早いと予報が出ています。暖かくなり湿度が上がるとウイルスは、「一般的には」消えてゆくことが多いのです。「オリンピックも中止だ!」と叫ぶと注目を浴びるので、根拠など全く持たずに放言する人がテレビや新聞に登場します。惑わされないようにしたい典型です。「分からないことは最悪を考えるべきだ」とか「ゼロリスクを欲するのが当然だ」とかの"日本的習性"に囚われないようにしましょう。

DATA:中国の感染者数などの経時的状況 参考にしてください。

以下に、正しい情報をご紹介してゆきます。参考にしていただければ幸いです。
(ここからの引用・まとめを書きます。)

一般市民の方々へ ―共有してほしい情報と行動

1. 感染症の臨床的特徴
感染を受けても多くは無症状のまま経過し、潜伏期間(1〜12.5 日)ののち一定の割合で発熱・呼吸器症状(咽頭痛、咳)などの感染症状がでる。症状は 1 週間前後持続することが多い。強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いことが特徴。
いわゆる風邪、あるいはインフルエンザであれば、通常は 3〜4 日までが症状のピークで、その後改善傾向に向かう。
症状が長引くことが特徴。
2.1 週間以内に症状が軽快しそうであれば、自宅での安静で様子をみる。
特に治療の必要はなく、自宅で安静にしておくことで十分。家族など身近の方への感染に気を付けること。(感染させないための)マスク着用とこまめな手洗いや手指消毒が大切。
3.1週間以上熱が続く、呼吸苦・呼吸器症状の悪化がみられ場合には医療機関へ相談する。
4.高齢者…

生鮮市場 西みずほ台店がキャッシュレス・ポイント還元事業に参加

生鮮市場 西みずほ台店が”ようやく”キャッシュレス・ポイント還元事業に登録されましたね。
PayPayが使えて、5%還元が適用されます。PayPayで1.5%ポイントが付くので合計6.5%安くなります。
還元事業の進行状況



このようにPayPayの1.5%とキャッシュレス還元の5%(49円)が付与されました。