スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

東京防災を読んでおこう

本日(2018/06/18)の朝、大阪で大きな地震がありました。
やはり日本は地震大国ですね。備えをしておくことがが必要と、改めて感じました。
備えを行う時に役立つ情報が「東京防災」だろうと思います。これを読んでできる限りのことをやっておくと言うことかと思います。(我が家もまだまだ不十分ですが...)

「東京防災」とは
東京の地域特性や都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮し、災害に対する事前の備えや発災時の対処法など、今すぐ活用でき、いざというときにも役立つ情報を分かりやすくまとめた完全東京仕様の防災ブックです。
こちらをクリックして参考にお読みください。

(「防災アクション備蓄」の冒頭部分を引用致します。)
物の備え
発災時なにより不可欠なのが、食料品や生活必需品の蓄え。在宅避難をする、そして生きのびるための備えをしましょう。
室外の備え
安全に避難するためには、家のまわりの状況や危険度を知っておくこと。避難経路を調べ、事前に歩いてみることも重要です。
室内の備え
家具類の下敷きにならないための転倒・落下・移動防止や、ガラス飛散防止対策をする必要があります。通路を物でふさがないことも大切です。
コミュニケーションという備え

災害時には近隣の住民同士の協力が必要です。普段からご近所の方とあいさつを交わし、町内会主催などの防火防災訓練に参加しましょう。



この冊子には書かれていませんが、私が3.11で経験して重要だなと思ったことです。
あの時、われわれ埼玉県は長い時間停電になりました。東京は首都ということで概ね電気が通っていました。
停電になると情報遮断ということになります。テレビ、電話、ラジオなどはダメですね。
しかし、何よりも大切なものの一つが「情報」です。
私はノートパソコンとスマホ(iPhone)を持っていました。ノートパソコンは、たまたま満充電されていました。スマホやパソコンに使える充電器も揃えてあり、こちらも満充電でした。
スマホやノートパソコンを使えるように充電池を保有し、常に満充電にしておくことは大切です。
あの日、携帯電波は使えました。あの当時はWi-Fiルーターを常に持ち歩いて仕事などで外に出ていました。電池がありましたので、Wi-Fiルーターをパソコンにつないで多くの情報を得ることが出来ました。NHKのニュースもネットであのときは見ることができました。津波のあの恐ろしい様子も兵庫…

老いる団地、地価押し下げ 高齢化で建て替え難航

老いる団地、地価押し下げ 高齢化で建て替え難航  :日本経済新聞:

この記事は、建て替えが難しくなっている、古いマンションの価値が大幅に下がりつつあるという分析なんだけど。まぁ、普通に誰でも理解できる、感じる内容ですね。

しかし、マンションの運営において大切なことは、若い人たちが入居したいと感じるような運営をすることだと私は思います。

「老人ばかりだし、ますます老人がふえてゆくのだから老人に配慮したマンション運営にすべきだ。」との声がよく聞こえてきます。これをやっていたら、ますます魅力のないマンションにどんどん陥ってゆくでしょうね。

高校生以下のこどもがいる親たちが、住みたいと感じるようなマンションに日々生まれ変わる努力をしてゆくという運営がなければならないと思います。(老人優遇は、もう十分すぎるくらいやっている。)そういう若い壮年世代が住んで便利、快適というマンションに変えてゆくということが必要です。そういう発想を持った人たちが運営にあたらねば、どんどん魅力のないマンションになってゆくと日々感じています。

記事

管理組合がお祓いをやる とのことで投書しました。

2018-05-13追記:「お祓い」は今日もうやってしまった!!
理事会は、絶対に犯してはならない「過ち」をおかしてしまいました。(問題点は他にも多数あるのですが...)ひとつは、人のこころの問題に土足で踏み込んだことです。思想、信条、良心、宗教などの自由を理事会は汚したのです。全居住者がこのことを考えるべきと私は思います。

本日(2018-05-09)、エントランスの掲示板に管理組合が「お祓い」を行うという貼り紙がありました。
違和感を感じましたので、以下の投書を行いました。
こちらも合わせて参考にしてください。

この案内文に書かれている、「2月の事故の件」は全く知りませんでした。4月上旬の「飛び降り自殺」の件もこの貼り紙だけの情報しか知りませんでした。こういう大きな出来事については適切な内容で迅速に全住民により詳細を知らせるべきと思います。知らない(知らされていない)立場からは、このお祓いは余計に大きな違和感を覚えることになります。情報伝達の手段があまりに貧弱過ぎるといことであり、それを改革しようという認識が無いことが最大の問題ですが...
(4月の件の貼り紙は管理センター名で出されています。適切なのだろうか?管理組合が出すべきと思うけど)

(2018-05-13 追記)
お祓いの件で理事長とやり取りをして感じたり、考えたりしたことで下の掲示文書に記載しなかったことを記します。
理事長は、前例があるのでこのような儀式を行うことには問題が無いとしています。(その前例はあやふやなものでした)この件は、今後また理事長なった人が今回を前例としてその人の(個人的な)思い込みで非科学的な儀式に管理組合の予算を消費することができる前例を作ることになります。そんな前例を作ってはならないことです。今回の「お祓い」は取りやめていただくことだと強くおもいます。なお、この「お祓い」儀式は個人の思想や信条や民族的な習慣などを侵害するものでもあります。私などは「私も含めた管理組合」として神主を呼んでお祓いを行うことに強い違和感を感じます。このような非科学の儀式に「おれを勝手に代表してくれるな!」というのが私のこころの声です。下に掲示している村崎理事長とのやり取りは全て文書です。いただいた見解は理事会の意思と理解しています。(個人の見解ではないという意味) 理事会メンバーの方は会議の場などでこのやり取…

掲示物の転載を始めてみます。

各棟エントランスのエレベーターまえに掲示板があり、特に最近は所狭しと掲示物が貼られています。
これは本来なら今の時代のことなのでインターネット技術を活用してスマホやPCなどで閲覧できるようにすべきでしょう。(注1)しかし、今の所そのような動きは無いようです。

注:この情報はサイトヘッダー部でも読めるようにしてあります。トップ画面はこちら
場所が狭いので、どの掲示が新しいものなのか全く分かりません。既に読んだものと最新のものが判別できないわけです。場所が暗いところなので昼間でも読みにくい。老眼の私などは、ほぼ判読出来ません。(対応策としてiPhoneのカメラに撮って自宅などで読んでいます。)掲示板の半ばより下に貼られたものは、文字が大きくない場合ほとんど読むのは困難です。私は身長171cm程度ですが、掲示板の半ばへの貼り紙は胸の下辺りに位置します。カガマないと普通の大きさの文字は読めません。(読めない場所に貼り紙し「情報は提供した」としているこの現状を変えようとの発想を持って欲しいものです。)エレベーターが来るまでの時間で読まねばなりませんから、細かくは読めないのがほとんどではないでしょうか。タイトルやリード文くらいは読んでいるけど、そこから内容は推定して読んだことにしているのでしょう。掲示板が狭い上に、お知らせ事項が多いので、掲示されている日数がそう長くはありません。多くの人にとっては見逃した掲示物が大量なのではと推測しています。掲示物が取り払われたら、もうそれを読みたいと思っても出来ません。(インターネットの無い時代はそれで良かったのですが、今はこのことに非常な違和感を私などは感じます。過去のデータは捨て去ってしまい、もう読めないということにです。データそのものが消去されてしまうので、インターネット技術の大きな利点であえる「検索」は一切使えません。)
ということで、下記のように写真に撮っただけですがこのブログに来ていただいたら掲示物が見れるようにしてみたいと思います。半永久的にこれらは継続して掲示しますので過去のものも読めます。
新しい掲示物がどれなのかが分からない今の仕組みのため、漏れが出ることがあると思います。また、私のD2のエントランスの張り紙だけです。管理室横 の掲示板や他の棟のエントランスの掲示はありません。他棟の掲示などは、どなたでもその写真を送っていた…

~ITエンジニアから見た、情報教育のあり方について~

【問題提起】篠原嘉一氏に情報教育の講演を依頼する前に考えていただきたいこと ~ITエンジニアから見た、情報教育のあり方について~ - give IT a try:
この引用したブログ記事に書いてあることは、ヒドイ内容なので紹介致します。
ヒドイ内容というのは、学校で講演しまくっている「篠原嘉一という人の」の話です。(ブログの著者はすこぶるまともです)

このようなデタラメを振りまくと「売れる」んですね。膨大な講演回数をこなしてるとのことですから。

親も教師もこのように誰か少しでも権威付けある人に脅してほしいと願っている心理があるのですね。それを読み透かされて、こんなデタラメ講演をして脅しを並べるんですね。
インターネットは、「怖いよ」「触らぬ神に...」「あなたより児童や生徒がITに詳しくなったら悔しいよね」「訳の分からないITなどでこどもと話すと恥かいてしまうよね」などなどの心理を突かれているのでしょうね。

スマホが使えないこどもに育っても、父母も教師も責任とらないで済む「言い訳」をもらって安心しているという心理なんだろうけど。


しかし、しかし時代はインターネットが全てのシーンに浸透しているのです。インターネットが分からないと「トンチンカンに」人生を送ることになります。膨大なムダと絶望的な情報不足の中でこどもたちが今後の人生を送ることになります。(多くの人はこのこと信じられないだろうけど。しかし、少しは思い当たる時もあるはずです。その後ろめたさを否定する材料を提供してくれるこのような講師の話をありがたがるんだろう。)


インターネットを普通のもの(今人生を生きるにおける常識)として理解し、使いこなす人間に育ててあげなければ、あなたのこどもや孫たちは非常に困る日々を生きることになります。この「非常に困る人生を生きる」ということが信じられなくても、すくなくもそれを確かめようと努力してみる価値はありますよ。まっとうな本がたくさん売られているので最低でも10冊位は読んでみてください。多分、私がここに書いていることの大筋は理解できるようになると思います。ただし、1冊や2冊ではムリですよ。それほどネット世界は小さな世界ではないですから。

ちなみにですが...
スマホをこどもに小学校などの早い時期に持たせると危険だと多くの人は考えていますよね。TVや新聞がしょっちゅう記事を書いてこ…