スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

2019年4月末のA棟火災についての情報

昨年(2018年) 4月28日の火災の当日やその後についてA103の方から情報を得たのでご紹介いたします。この方は、2012年の暮にこのマンションに居住されたとのことです。
(下記の記述には私が独自に他の方や報道などから得た情報も混在しています。全てがA103の方のお話された内容ではありませんことをお断りいたします。この記載の内容の文責は当然ながら全て私、前田利人にあります。)
火事発生時は当然就寝中であった。AM3:00ころにガタガタと音がしたり非常ベルが鳴ったりしいることなど外の騒ぎで気が付き起きた。そしてベランダ側の窓を開けたら外は「真っ赤だった!」。手すりのアルミなどが溶けて火の玉となって落ちてくるのが見えた。朝焼けのようななんとも表現できない様相だった。なお、この時間はまだ入り口ドア側に火は回っていなかった。火事を通報したのは、1Fの別の部屋の方だった。(埼玉新聞などには、「同方の階下の住民が出火に気付き」通報と書いてありました...)外に火事に気が付き飛び出てきた人がこの時刻には何人もいたが、ドアをノックして起こしに来るようなことはなかった。外では大きな騒ぎになっており、それぞに多くの別の対応がたくさんあったと思われる。慌てて外に飛び出したので持ち物は携帯のみだった。この時、いろいろなものを持ち出さず、身一つで飛び出したためドアに鍵を掛けることをしなかった。結果的にこれが良かった。外には多くの人が既に出ていた。火元はどこか?と探ったら自部屋の一階上であることがすぐにわかった。部屋を飛び出る時はすぐに戻れると思った。その時は到着していた消防に貴重品を取りに戻りたいと告げたら、固く止められた。外に飛び出た時は、入口側には火は回っていなかった。消防自動車も未だ来ていなかった。しかし、そのすぐ後に203号室入口ドア側からも火が噴き出してきた。消防の方が室内に入りほぼすべての家財にブルーシートを掛けてくれた。このことにより多くの家財が消化の水をかぶることがなく済んだ。消防の配慮がありがたかった。(この対応は階下の103に対してのみで、隣りの部屋には行っていない。)自宅に入れたのは、多分AM5:00ころだった。消火した5:00ころまで、B棟の集会室などを休憩所として使った。しかし、消防署は103と303の住民に対して部屋に戻ることを認めてくれなかった。この時点では家財…

自家焙煎コーヒーみずほ台工房

自家焙煎コーヒーみずほ台工房さんに行って、美味しいコーヒーをいただいてきました。そのリポートです。

なにせ、本格的に淹れていただくコーヒーが200円(税込み)という安さ。
この写真の左の500円などの表示は「豆100gの値段」です。
お店で飲むのは、全銘柄が試飲扱いで200円均一料金なのです。

お店の中の様子
ご主人はこんな方
嘗ては、何かの営業マンをしていたとのこと、その營業中に喫茶店などで休憩する中でコーヒー好きになり、別の場所で喫茶を経営した経験があるそうです。そして、数年まえにこちらで店をオープンしたようです。

私は、この店がQRコード決済のPayPayを導入しているので、導入当初に訪問しました。そして、今回再度利用です。
支払いを行ったときの私のiPhoneの表示が下です。
QRコード支払いが行われると瞬時にお店のご主人のスマホに下の連絡が入ります。

この10月の消費税の税率アップに合わせて政府はキャッシュレス化推進の大キャンペーンを行います。それは、来年のオリンピックでの海外からの訪問者への対応を睨んでもいます。現金でしか支払いが出来ないというのは世界の潮流からはかけ離れたことですからね。非現金の社会へ日本が早期に移行しないと、世界の孤児になりかねないからです。使わない人にはその意味が分かりにくいのですが...飲食店や食品・雑貨など日用品のお店を利用したり購入したりしたときにスマホで支払いができる(現金を使わないでいい)という便利さは非常に大きいのです。その体験を数回したら、現金持ち歩くことが不要な社会の到来を自然のこととして待ち望むようになります。



2019年春 テニスコートのさくら 日々の変遷

毎年、テニスコートのさくらを写真にとって残しています。
今年も、朝を中心にiPhoneで撮影してGoogle Photosのアルバムに残してゆきます。
今年は、2019年3月21日(木)から撮り始めました。開花の早い年の中でも今年はより早ようです。2〜3日開花が早いようです。こちらをクリックしてください。


過去のさくらの状況は、ラベル 桜情報 をクリックで見られます。

2015年のさくら
2016年のさくら
2012年のさくら

18年4月28日の火災報告書(消防署作成)

消防署から本日(2019年3月20日)「火災原因判定書」という文書をいただきました。(29ページあります。)PDFで閲覧・ダウンロードできます。(黒塗り・塗りつぶしで読めない部分が多いです。黄色のマーカーは私が付けました。)火災の原因など、住民として知りたいことがある程度は読み取れると思います。

--  以下は3.15に記述 --
昨年(2018年)4月28日のA棟203号室の火災については、われわれの身近で発生した重大な事件ですが情報がほとんど知らされていません。
あれはどういうことだったのか、われわれ住民にとって今後の教訓とすべきことはなんなのかなど知りたい、知っておくべきと思われることが大量にあるように感じています。

この火災については、消防署が調べてきました。その書類は開示請求を行うことで(最低限の範囲ですが)調査報告文書を提供してもらえます。昨年の6月ころから消防署に調査完了したら、請求を行うので知らせてくださいと依頼していました。「そのようにします」と回答はもらっていましたが、どういうわけか完了しても知らせてくれませんでした(不思議なことです)。2月26日にこちらが電話をしたことで、調査は一週間ほどまえ(2月22日)に完了していると、依頼した担当とは別の人が教えてくれて、ようやく以下の回答までたどり着きました。
今月20日ころに書類をいただきに行ってきます。
そして、このブログに公開いたします。

この火災に関して知っている情報をできるだけ多く人と共有することができればと思っています。他の人が知ったらいいかもしれない(知ったほうがいいと確信する必要はない)情報を持っている人は是非提供してください。せっかくの情報がその人の頭の中にのみ存在し、消滅してしまうのは今の時代では残念なことと思います。長く残しておき、お多くの人(今後入居する人含む)が知っておくのが大切なこととおモノです。

この件、こちらの記事も参照ください



理事会:管理組合ウエブサイト開設の検討

今月の広報の貼り紙です。理事会において「管理組合ウエブサイト開設」を検討始めたとのことです。
私はこのブログで何度も何度もインターネットを活用して理事会活動をより質の高いものにしてゆくべきと提案してきました。その方向に動き出すということなので大いに歓迎したいと思います。

先進例というサンライトマンションのサイトはこちら。 ※ これから作るセンチュリーに於いては、必ずスマホ対応のサイトにしなければなりません。 パソコンの時代ではくスマホの時代になっています。理解されていると思いますが...
情報は多くの人に公開し、多くの人からそれに関心を持ってもらうことを第一の目的にすべきものです。発信した情報ができるだけ広く多くの人に拡散することをこそ目指すべきと私は考えます。
例えば、このマンションは既に築後30年も経っています。住人の多くは高齢者になってきています。他方、ここで生まれ育っていった人がたくさんいます。両親や家族などをここに残して海外を含むさまざまな場所で活躍しています。そういう人たちにも自分が育った朝日センチュリーみずほ台が今どういう状況にあるのかを分かるようにしてあげることも大きな意味があります。それは、インターネットを活用すれば可能な時代になっています。そういう発想も理事の方には持っていただきたいと思います。
何か情報を発信したら、攻撃される、突っ込まれる、クレームを投げつけられるという後ろ向きの警戒をするのではなく「高度に発展し、効能の高い」インターネット機能を導入してマンション運営を飛躍的に改善してゆくのだという発想を持っていただきたいと思います。(現状に大きな問題が在るという発想が無いとこのような考えになりにくいのかもしれません。今の情報化時代於いては、現今の管理組合運営は極めて時代遅れであるとの認識をもっていただくことがスタート地点だと思います、) どんな、質問も意見も受けて正面から応えてゆくという姿勢を期待します。
ウェブサイト開設の件につては、ここに長い意見を書いてゆきたいと思います。多くの提案、意見を述べたいと思います。それについて、是非理事会から、これを読んだ住人の方から意見をいただければと私は願います。多くの議論が積み重ねられる中でこそより良いサイトが出てきゆくのではないでしょうか。(ここは、コメントが書ける仕組みのブログです。ご意見書いてくださ…