スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2016の投稿を表示しています

「ゲノム編集」で世界は変わるのか?

「ゲノム編集」で世界は変わるのか? – 広島大・山本卓教授に聞く – academist Journal:

(記事要約)

狙った遺伝子を改変する技術。従来の遺伝子組み換え技術では限られた生物種でしか使えなかったり、改変の精度が低かったりした。ゲノム編集では、ざまな生物種の遺伝子を高い精度で改変できる。狙った遺伝子を正確に改変することができる。



品種改良などにはスグに実用化できる。既に始まっている。

たとえば、油を作る微細藻類に対してゲノム編集を行うことで、油の生産量を増やすことができるようになる。ガソリンに代わるエネルギー源を作ることも夢ではない。

医療への応用も期待が大きい。ゲノム編集を使うことで、難病患者を治療することやガン細胞が増殖するのを抑えるなどが既に取り組まれている(いい結果の報告例がでている)。ゲノム編集した遺伝子を胚の時代に組み込んで難病を解決すると、遺伝病を持つ家系がその時点で消滅し以後の子孫には難病遺伝はなくなる。



デザイナー・ベビーと言われる天才を作るような「恐ろしい時代」も予見されている。


この記事にでてくる CRISPR-Cas9(クリスパーキャスナイン)が2017年のおおきなキーワードになります。秋のノーベル賞もこれを開発した人に贈られる可能性が高いのです。 生物の全てに活用ができる技術なので、どんな世界が私たちにもたらされるのか目が離せません。


トランプの側近、ピーター・ティールの逆張り人生

12月14日にトランプ次期大統領は、IT業界のトップと会談をもちました。詳細はこちらで
その会談を仲介したのがピーター・テールという人物です。
この人についての詳細記事こちらも

選挙期間中は、テールを除くほぼすべてのIT業界のトップはクリントンさんを支持していました。アマゾンのCEOジェフ・ベゾスなどはトランプと大喧嘩していたという状態でした。
しかし、選挙が終り大方の予想を覆してトランプさんが大統領に当選ということで、アメリカ国内ではそれに従おうという方向性が次第に強まってきています。
当選したのですが、日本で見ている限りは最初は泡沫候補でありスグに消え去るとマスコミは報道していました。私などもそう感じ取っていました。しかし、意外にも予備選の競合相手が次々に敗れ去って行きました。ついに共和党の候補となりましたが、そうなってからも本選挙ではクリントンさんの圧勝と日本にいたら誰もが感じ取っていました。
大統領選挙開票の当日でも(日本時間の)お昼ころまでは、アメリカ政治の専門家と称する人たちは、「今はトランプがリードしているけど、これは彼や共和党が伝統的に強い州での票が開いているからであり、もすぐクリントンが出てきてトランプは沈む。」と言っていました。しかし、1時前になるとそのようでもないような雰囲気が出てきました。解説していた人たちは口をつぐみましたね。

ということで、「意外にも」(?)トランプ大統領が実現してしまいました。
今までのオバマさんとは、大変異なる政策を「具体的案ことを言わずに」どんどん過激に喋ります。選挙戦中に比べれば非常のトーンダウンしていますが、まだまだオバマさんがびっくりするようなことをいいます。
トランプさんは、Twitterを非常に活用しています。ほぼ毎日のように数件のツイートを発信してきます。例えば、国連でイスラエルのガザ地区などへの移植者の問題についての非難決議について、オバマさんは棄権したので決議が採択されました。今まで、アメリカは常に拒否権を発して決議がなされることのなかった問題です。イスラエルのネタニエフ首相は怒り心頭で、国連脱退をほのめかすほどです。トランプさんもこれに反対で、1月20日(大統領就任式)以降は「変わる!」と言っています。

鳴り物入り「マイナンバーカード」って今どうなってるの?

鳴り物入り「マイナンバーカード」って今どうなってるの?│NEWSポストセブン:


大前研一先生も最近はだいぶんと耄碌してきたのか?支離滅裂な記事内容なので一言...

ここで彼が主張していることなどは、多くの人に分かっていることで、以前の時代においては安全に実現するための方策がなかったたまめ現状になっているのです。
それを解決するのがマイナンバー制度です。 なにか手を付けようとすると政党とマスコミと評論家と称する連中が、この記事のような生煮えの批判を繰り返して不安を煽り立てる。そして、一番問題である現状を維持しようとする。(豊洲も同じで数え切れない問題を抱える「築地を維持」したがっていますよね。)
大前先生の実現すべきだとの主張内容が実現されるのがマイナンバー制度を実施することなんだけどね。
マイナンバー制度というのは、明治維新とか1945年(敗戦)の革命に匹敵する大改革だと分かっているのかなぁ。マイナンバー制度が目指す社会制度が現実のものになるには時間かかるのしようがないのです。

(補足)
私は20年以上前から納税、年金、健康保険証、運転免許証、パスポートなどの国民情報を一元管理する「国民データベース」の構築を提唱している」とのことだけど、そんな昔にこのようなこと言ってみたって意味がない。当時には実現手段が無いのだから。そして、そのような発想を思いつく人などそう少なくはないのです。思いつくだけならね。
20年まえにそんな構想に手を付けていたらテクノロジーがひ弱な時代なので大失敗していたのです。インターネット技術が完成度を高めた時代だからセキュリティを確保したうえでようやく実現できるのです。今後はAIやブロックチェーン技術などがインターネット技術の上でこのような各種の情報を安全に受け渡しできることを担保してくれます。非常に人類に役立つ技術がここ数年で誕生してきているのです。 結局、自身がぼんやり考えていた構想が本当に具体的に実現しそうになったので、悔しさが出てきてぶち壊したくなったのでしょうか。この文章を読むと「マイナンバー制度など必要ない」といわんばかりです。どうすればいいかは書いてない。彼が問題だとかつて主張した状況が続くことがいいのだと言っているようにもうけとれます。評論家家業がそれで続けられるのだからかな。
なお、エストニアのことも書いているけど...マイナンバー制度…

核防護服で米兵が作業/オスプレイ墜落現場 放射性物質の回収か

さすがに「ひどい記事」と自分でもわかったのか! サイトからこの記事削除されました。下のリンクには写真があるので記事は読めます。(2016-12-21 追記)
核防護服で米兵が作業/オスプレイ墜落現場 放射性物質の回収か:


誤報というより、捏造 or でっち上げ記事でしょうね。

こちらに関連情報があります。



しかし、あの3.11事故以来大量のニセ放射能情報が日本国中にばらまかれその嘘が次第に明らかになってきたのだけど、虚偽情報を流した連中は一切の反省無くいまだに虚偽情報を流し続けている。



このようなことを繰り返していることで、日本人の数%(10パーセント以下)を扇動できるのでまだまだやるのでしょうね。その程度の票があれば幹部は十分に豊かに食っていけるのだろう。

10年、20年、30年と年月が経つに従い、このような勢力はますます衰亡していくのだろうけど。

今回のオスプレイの墜落について、沖縄県知事のやるべきことは、「幸いに死者が出ず良かった。しかし、米軍に対しては5人の負傷者が出ておりこころからお見舞い申し上げある。」というような発言が普通の人間がやるべきことだろう。
マスコミ報道を追っても、事故で負傷した乗組員の情報などほとんどない。墜落か不時着かなどをめぐって勝手に決めつけているだけ。異常な政治的な立場を取る勢力が勝手に「墜落」と決めつけても意味はないだろう。
乗るのは、アメリカの若者たちであり、アメリカ人にとっては宝である人たち。安全性を一番配慮しているのはアメリカに決っている。しかし、現地のマスコミを中心に危険なヘリを沖縄で飛ばしていると報道している。違和感しか感じないですね。

Russian Ambassador to Turkey Is Assassinated in Ankara - The New York Times

Russian Ambassador to Turkey Is Assassinated in Ankara - The New York Times:

衝撃的なニュースです。

ロシアのトルコ大使が、写真ギャラリーを訪れて挨拶をしているところで後ろから警護の警官に撃たれました。

そのときのビデオもこの記事で見ることができます。

銃を売った男は、「アレッポを忘れるな!シリアを思い知れ!」と叫んでいます。(イスラムの「神は偉大だ」とかも)

こちらはBBCの記事です。

この事件は、ロシアとトルコの関係を悪化させるというよりより強固にさせるだろうと見られています。事件を契機に両国ではテロ対策により強く手を結んで取り組むことになると。数ヶ月前のトルコにおけるクーデタ未遂事件以後、それまで対立関係にあったロシアとトルコは手を結ぶ方向に動いていて次第に結びつきが強くなってきています。トルコはエルドアン大統領の独裁が際立ってきました。反対する勢力は多くが逮捕されて投獄という目にあっています。
シリアの極めて複雑な勢力関係は、どう動いていくのか...

シリアでは、内戦が2011年から続いています。既に死者数は、30万人をゆうに超えて来ています。住居を無くし隣国などに逃れた難民の数は450万人ともいわれています。その一部の人たちはヨーロッパに移民として入っていますし、カナダ、アメリカなども受け入れています。


シリア内戦をより複雑化したのは、2015年にロシアが軍事介入を始めたことが拍車を掛けました。

今は、アレッポの惨状が毎日世界の最大のニュースになっています。日本は...無視していますね。(世界の状況からはかけ離れたニュースが放映されている。オスプレイが海岸に不時着したことなどが恰も大事件としてNHKでも放映している。こんなのなんでもないことです。5人の乗組員は無事であったのですし、日本人に一切の被害はなかったのですから。また、山口・東京にプーチン大統領が来ましたが、二島もしくは4島の返還が日本のニュースではほとんどでした。しかし、記者会見でロシアの記者の質問はシリアの情勢に対してのものでした。安倍首相ともシリア問題を話し合っているのですが、日本のマスコミはほぼ報道しません。日本の小さな島が還るとか還らないとかは、今の世界の情勢という視点からは小さなことです。)



昨夜はもう一つ大き…

Venezuelans Protest Over Worthless Cash - WSJ

ベネズエラが大混乱に陥っています。

Venezuelans Protest Over Worthless Cash - WSJ:



ベネズエラの大統領はマドゥーロ、彼は先週突然最高額紙幣である100ボリバールを廃止すると宣言しました。72時間以内に新紙幣に銀行に行って交換するようにせよ。この期間に交換出来なかった場合は中央銀行と支店でその後10日間の交換猶予を行うと。

こういう処置をしたのは「ベネズエラに暗躍するマフィアを干上がらせるためである。隣国コロンビアとの国境をそのために閉鎖すると。」とも宣言しました。



ベネズエラにおける100ボリバール紙幣の廃止は商店への略奪が発生するなどの混乱をもたらしている。

国軍がコロンビアとの国境沿いや東の小都市などに配置されて騒動を抑えている。この国で一年で一番の重要な時期であるクリスマスを10日ほど後に控える時であり、国は経済混乱の真っ只中に置かれいる時に発表された最高額紙幣100ボリバールの廃止事件。中央銀行と支店は100ボリバール紙幣を来週火曜日まで受け入れるが...

この金曜日は紙幣交換を約束した中央銀行は開かなかった。木曜日の夜から銀行前にならんだ交換を求める人たちは軍隊が立ち帰らせた。起こった群衆は道路封鎖などを行ったが、多くは逮捕されてしまった。

100ボリバール紙幣は、ひどいインフレのため闇市場では米ドル換算で数セントの価値しかない。¢2が闇市場のレートです。

マドゥーロ大統領は、今回の処置は隣国コロンビア(に潜むマフィア)やその他によるベネズエラの経済混乱を収束するために必要なものだとTV演説を行っている。

新紙幣500ボリバールが発行されるはずだけど、間に合っていない。(ATMでお金を出すと廃止するはずの100ボリバールが出て来るような状況もある。)

ベネズエラの3,000万人の三分の一は銀行口座を持っていない人である。つまり、現金しかお金を使えない。(普通は100ボリバール紙幣を持っている人は、銀行に行って口座に預ける形になるが、口座を持っていない人=口座を作れない人は混乱している。)

銀行口座の無い人は500ボリバール新紙幣もまだ銀行に来ていないので交換してもらえない。預金として保持している100ボリバールを預けることもできない。新紙幣に交換もできないので火曜日には紙くずになる。

今の見通しでは500ボリ…

Googleの自動運転カープロジェクトが独立、研究から技術の商用化へ | マイナビニュース

Googleの自動運転カープロジェクトが独立、研究から技術の商用化へ | マイナビニュース:

グーグルの自動運転車は、特に有名ですが一つの会社として新しいフェーズに入ったようです。

自動運転の自動車が街中を走るのは2020年が各社の目標になっているようです。

国によっては、スエーデンのように自国の重要な機関会社であるボルボを国を挙げて支援しているところもあります。



タクシーやバスといった走行範囲がある程度限られる用途から自動運転は始まりそうです。既にシンガポールや米国の3都市などで走り始めています。

自動運転の時代は当然、ガソリン車ではなく全て電気自動車になります。電気自動車は製造部品がガソリン車に比べると10分の一に近いくらい少なくなるので、既存の自動車会社でなくても作ることができるとも言われています。その代表はTesla社ですね。



自動運転車の時代になれば、事故が極端に減ります。ゼロにはならないでしょうが100分の一とか1000分の一などに事故数は減ります。自動車修理業はどうなるでしょうか、自動車保険はどうなるでしょうか...

自動運転のタクシーが走るようになると、運転手の仕事がなくなりますね。タクシー料金のうち70%が運転手の人件費とのことです。われわれは極端にいうと今の30%の料金でタクシーを利用できる時代がもうそこまで来ているのです。

自動運転車の時代になると、渋滞はなくなります。より時代が進むと信号というものもなくなりますね。私が生きている間にどんな車社会になるのでしょう。想像を絶する新しい時代がそこまで来ています。



高齢者の車事故がなくなる時代も近い!?

踏み間違いの死亡事故 約84%が65歳以上(12.15のNHKニュース)
テクノロジーの力で解決できる時代がきた。安全な自動車を走らせる新しい発想を持ったリーダーを待ち望む。テクノロジーを理解できる人であり、実行力のある人が出てきて、つまらない反対派を蹴飛ばしてやってくれる人。(人気取りでオリンピック会場をあれこれこねくり回したり、魚市場の移転を遅らしたりに膨大なエネルギーと無駄金を注ぎ込むようなヒマはないんだよね。)





ベネズエラの経済危機について

ベネズエラ:
自然の美しい国で西にはアンデスの雪を頂く山々があり、南にはアマゾンのジャングル、北には海岸(ビーチ)が広がっている。国全体が南米でもっともと都市化されておらず自然が保存されいている。
資源という面では、世界最大の原油埋蔵量を誇る(サウジよりも多い)以外に石炭、鉄鉱石、ボーキサイト、そして金の鉱脈も世界的に見て大きい。
2013年に前大統領のチャベスが亡くなったが彼は政権にあった14年間、貧者への重視策をとり石油で稼いだ金を社会主義の計画で注いだ。
しかし、彼を継いだマドゥーロ現大統領は原油価格の下落よって経済危機に陥り、日用品不足や急激なインフレに苦しんでいる。


Venezuela closes border with Colombia 'to destroy mafia' - BBC News:
ベネズエラ大統領のマドゥーロは、この国の最高紙幣である100ボリバール紙幣の停止を13日発表し、保有している人は10日以内に新紙幣もしくはコインに換えるように宣言した。(期限以降は只の紙切れになる)100ボリバール紙幣は、ベネズエラでは全貨幣のほぼ半数を占めている。
この措置の理由は、マフィア団が隣国コロンビアなどへ持ち出している、麻薬などの売買で不正に稼いだ金を使えなくするためとしている。このため、コロンビアとの国境が閉鎖された。72時間の期限付きで。
当然ながら、国民は大混乱に陥っている。特に国境近くに住んだり働く人たちにとっては。



大統領に反対の立場を取る野党勢力はこの措置を激しく非難している。

現在、ベネズエラでは大統領弾劾の手続きがすすんでおり1月10日くらいまでにそれを実施しないと現大統領派を政権から追放できない法律の決まりがある。この一件で弾劾のための国民投票の実施が遅れることが懸念される。

チャベス時代からも経済は悪かったが、2年ほどまえに始まった原油価格の下落はベネズエラの経済を崩壊状態に陥らせており、生活必需品の極度の不足、医療品や医薬品の欠乏などで国民生活は破壊されている。インフレも激しく、前月からの1ヶ月で貨幣価値が50%に下がるなどの状況にある(新紙幣を発行する必要がある。現紙幣ではスーパーに日用品を買いに行くのに紙幣をバックパック一杯詰めていいかねばならないという状況)IMFの予想では2017年は2000%のインフ…

アマゾンが米でコンビニ出店へ、国内9カ所の巨大倉庫は日本進出の脅威

アマゾンが米でコンビニ出店へ、国内9カ所の巨大倉庫は日本進出の脅威:

amazonで毎月何度も何度も買い物します。便利だからですね。ネットで注文、ヤマトや〒が届けてくれます。

しかし、数年すると街角にアマゾンのコンビニが出来てそこに買い物行くようになるのかもしれません。主には食品関係でしょうね。



このようなニュースもありました。

ローソンとパナソニック、「無人レジ」の実証実験を公開

このニュースの重大なのは、amaoznの支払い方法の方です。スマホを入店時に一回登録しておくと、商品を手にとってそのまま店から出てくることができるというものです。レジによって現金もしくは電子マネーを支払うという手間がなくなると、精神的に開放されるし時間が削減されていいですね。ときには3人くらい前に並んでいるときがあります。そんなときは、購入意欲が失せますしね。

日経記事:手ぶらで買い物、夢じゃない
手ぶらで買い物に出かける生活は夢物語ではない。現金もカードも持たず、本人の顔や指紋で決済する。そんな時代が間近に迫っている。...

もう、1年くらいするとコンビニでは代金決済をレジで行うという手間がなくなる時代が来そうです。

スーパーやドラッグでも同様に対応が迫られるので2〜3年でお店での買い物の光景はすっかり替わりますね。

結果として、店舗でのレジの仕事がこの世から消滅することになります。AIが仕事を奪う分かりやすい例ですね。


ボブ・ディランのノーベル賞受賞

12月10日、ストックホルムでノーベル賞の授賞式が行われました。ボブ・ディランは欠席しました。受賞の発表からしばらく、彼の反応がなくてあわや受賞辞退などあるのかと心配されました。
授賞式におくった彼のメッセージはそれなりに、意味深いものだったとおもいました。

こんばんは、みなさん。スウェーデン・アカデミーの会員の方々、そして今夜出席していらっしゃる賓客のみなさまへ心からご挨拶申し上げます。

みなさまとご一緒できず申し訳ありません。しかしどうか、私の気持ちは間違いなくそこにあり、このような名誉ある賞をいただき私が光栄に思っていることを知ってください。ノーベル文学賞を受賞するなんて、想像も予測もしていませんでした。私は幼い頃から、キップリング、ショー、トーマス・マン、パール・バック、アルベール・カミュ、ヘミングウェイなど、この栄誉に相応しいと考えられた人々の作品に慣れ親しみ、読み、吸収してきました。その作品が学校で教えられ、世界中の図書館に収納され、敬意を持って語られる、これら文学の巨匠たちにはいつだって深い感銘を受けていました。いま、私がそのリストに加わるとは、本当に言葉がありません。

彼らや彼女たちがノーベル賞について考えたことがあるのか、私は知りません。しかし、本または詩や戯曲を書く人たちは世界中誰であれ、心の底ではそのような密かな夢を抱いているのかもしれません。多分、自分でも気づいていないほど深いところに埋められているのでしょう。続き...

風にふかれて blowing in the wind

歌詞
How many roads must a man walk down 人はどれ位の道を歩めば
Before you call him a man? 人として認められるのか
How many seas must a white dove sail 白い鳩はどれ位海を乗り越えれば
Before she sleeps in the sand? 砂浜で休むことができるのか
続き...

昔、この歌が街に流れていましたね。英語はよくわからなかったけど、こころ打たれた思い出があります。
いま、じっくり聴いてみたい歌の一つですね。



IR推進法案(通称:カジノ法案)に関して...

IR=Integrated Resort 統合型リゾートを認める法案が国会で審議されておりますが、野党の追求が矛盾が多くて非常に分かりにくくなってしまっています。

IRとは、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定されて設置される国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のこと。(Wikipediaより引用)



共産党と鳥畑与一の間違い:ギャンブル依存症対策:

政府が法案を出すと何でも反対を言い出すので、この記事のように矛盾がでてくる。あるときはギャンブル規制反対、あるときはギャンブル解禁反対。

ギャンブルで、本来なにより問題であるパチンコについては...知らぬ顔

カジノの場合は、パチンコとことなり規制ができる範囲が大きいことなどがこの記事で分かります。(大王製紙の大金持ちの御曹司などは、規制などできるものではないでしょう。いつでも好きなときに海外に飛んで行ける時代なのだから。)

国会や法律がなんでもできる(社会悪を無くしたり、不幸になる人を救ったりできるなど)と言うのはものすごく誤った滑稽なほどの思い込みでしょう。国会議員も総理大臣も今の複雑な世の中では、できることなどほんの僅かしかない。マスコミは新聞を売り、TVの広告料を稼ぐために幻想を振りまいている。われわれは、このことを常に冷静に認知したうえで、あの国会論戦というのを「覚めた目で」見ていなければならないと思います。


国民を無視した茶番劇を演じているメディアと野党〜ギャンブル依存症を大量に生んでいる諸悪の根源はパチンコ業界
パチンコと警察の癒着も知っておかねばなりません。

民進党、官僚、マスコミがこぞってカジノ法案に反対する「裏事情」
(引用) カジノを作り、そこへの誘導策を同時に実施すれば、街中のパチンコ屋は一気に衰退するだろう。そして、カジノは140ヵ国で認められた世界標準なので、外国人観光客も引き寄せて、大きな経済効果が出るだろう。
 カジノ法案を審議拒否したら、今のパチンコの問題を放置することになってしまうだろう。それは、結果として、世界から異様に思われている「街中に事実のギャンブルがある状態」を擁護すること




マイナンバーは税金の無駄遣いの救世主になることができるか

マイナンバー制度の導入について、一応まともな解説をしています。

税理士の中にもマイナンバー制度が脱税をしにくくなることについて反感を持ち、トンデモ解説をするのが少なくありません。脱税指導したら収入が多いからでしょうね。マイナンバー制度ができたらそれができなくなります。また、税理士そのものが税の専門家なので自分たちの税をごまかしているのが実は多いんですよね。報道はなかなかこれについてはされませんが。士業の人たちにマイナンバー制度に「隠れ反対」が多いのも事実なのです。

マイナンバーは税金の無駄遣いの救世主になることができるか - 浅野千晴(税理士):
(引用)個人のマイナンバーが一般化されると受給の履歴と個人の番号が容易に紐づけができることになるため、不正はおのずから減ることになります。マイナンバーは税金をきちんと納めている人にとっては何ら影響があるものではありません。本当に困るのは何らかの不正をしてその発覚を恐れている人なのではないでしょうか。


焼き鳥を串から外さないで 居酒屋店主が「切なるお願い」

焼き鳥を串から外さないで 居酒屋店主が「切なるお願い」拡散求める - ライブドアニュース:
"焼き鳥を串からはずしてシェアする食べ方に「絶対においしくない」と指摘"

焼き鳥の食べ方です。

「焼き鳥を串からはずしてシェアする食べ方に「絶対においしくない」と指摘」

私も最近は、串から外して食べることが多いですね。近く、駅近くの焼き鳥店に行って串のままかぶりつくやり方で味わってみたいとおもいます。

みなさんは、どのように食べておられますか?

東松山の焼き鳥(私はまだ、行ったことないです。)

6,500万年前に恐竜を滅ぼした小惑星衝突の「タイムライン」が明らかに:調査結果|WIRED.jp

6,500万年前に恐竜を滅ぼした小惑星衝突の「タイムライン」が明らかに:調査結果|WIRED.jp: "小惑星は地殻のほとんどすべてを貫通して、そのとき岩石は約10分間、25kmの高さまで上昇した"



今年の春先から夏にかけてユカタン半島の Chicxulub craterをボーリングした調査の第一回目の報告が出たようです。この隕石衝突がながく地球上を支配した恐竜を滅ぼしたのです。
http://www.sciencemag.org/news/2016/11/update-drilling-dinosaur-killing-impact-crater-explains-buried-circular-hills

質問なるほドリ:「ゲノム編集」ってどんな技術なの?

毎日新聞の記事です。何を解説しているのか、分かりにくいないようですね。非常に複雑で広範囲に渡る技術の解説をこれだけの短い言葉にまとめたらなんにも分からないですね。しかし、ものすごいスピードで利活用の研究が進んでおり人類に大きな福音をもたらすものでもありますので注目しておかねばならない技術です。他方、倫理面でのリスクなども大きいのは当然あります。
質問なるほドリ:「ゲノム編集」ってどんな技術なの? /大阪 - 毎日新聞:

ゲノム編集は、現在はCRISPR-Cas9(クリスパーキャスナイン)という言葉で理解されます。
ここになんとなく分からしてくれるような解説があります。(これ読んだって理解はできないですけどね。)

注目すべきは、2013年というものすごく最近に実用化がなされたということです。これは、IPS細胞技術とおなじく必ずノーベル賞を取るものです。今年のノーベル賞に選ばれる可能性もありました。しかし、なにせ時間が経ってないので今年は見送られました。日本人の大隅(おおすみ)良典(よしのり)さんでしたね。
この技術のスタート時点では、日本の科学者が大きな役割をはたしました。しかし、実用化の段階では欧米の科学者が道を切り開きました。この技術の特許を巡って現在アメリカを中心におおきな裁判が進行しています。Doudna博士とCharpentier博士(ダウドナとシャルパンティエ 両方女性)のチームとMITのZhang博士(フェン・チャン)のチームの争いです。(現在はチャン博士が特許を認められている。)こちらの話題も野次馬根性で眺めているとおもしろいです。特許の行方で永遠に残る栄誉と膨大な金銭がどちらかに転がり込むことになります。

植物や動物の遺伝子を触ってより人間に役立つように改編してゆくことにとどまらず、病気の遺伝子をもつ子が生まれないような遺伝子治療が現実になりつつあります。また、がん治療の決定的な技術としても大きな注目を集めており、既に始まってもいます。人間が125才とかそれ以上に生きる時代がそこまで来たということが言えるのかもしれません。

ここに分かりやすいサイトがみつかりました。

LPガスの会社 ザ・トーカイはひどい

この事務所の入っているアパートはLPガスです。
先日まではレモンガスという会社が対応してくれていたのですが、どういうわけかザ・トーカイという会社に替わりました。

会社が替わるときになんらかのトラブルがあったようで、会社変更通知がきのだけど、しばらくしたら「あれは間違いで替わりません」とタオルを持って挨拶にきたことがありました。
それから、またしばらくしたら、「やはり会社がザ・トーカイに替わりました」と文書を持ってきた。

どちらでも、いいのだけどザ・トーカイは対応が悪すぎる。
この事務所では春夏秋は閉栓してガスは使っていないのです。
寒くなると開栓してもらっています。今日がその開栓の日だけど、何の連絡もない。
開栓依頼はWebサイトから1週間ほどまえに依頼をしました。このようなメールが自動返信で来ていたけど...なんの連絡もなし。
「お問い合わせ頂きありがとうございます。
追って担当者よりご連絡させて頂きます。」 開栓当日(本日)になっても連絡なし。レモンガスの場合は、依頼日の早朝に毎回手配をしてくれました。

何の連絡もないので、ザ・トーカイの所沢営業所に電話(フリーダイヤルではないし)したけど「ただ今混み合っています」と延々とアナウンスが続き繋がる雰囲気は一向になしなのです。 しようがないので、東京の電話に掛け直し(こちらはフリーダイヤル)たら、時間が掛かってようやく繋がった。

TOKAIは大きな会社で上場会社でもあり、なまえはしってたけどガスという独占市場を握っているためか、顧客満足という配慮は無いのかもと感じた次第です。

レモンガスのほうがずっと良かった。しかし、選べないんですよね。
---------
東京に電話で連絡したので.... メール回答が来ました。電話は要らないとお願いしておいたので。 株式会社 ギャランティ 前田 利人 様

お世話になっております。
メールの返信を失念しており、
ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。

ご入居のお手続きのお時間ですが、
本日12:30前後に担当の者がお伺い致します。

今後このようなことがないよう
徹底して参ります。
宜しくお願い致します。

株式会社TOKAI 所沢支店 北田 香
TEL:04-2943-5156

OIMO Cafe に行ってきました。

11月16日に上富にある「OIMO Cafe」という店に行ってきました。
わが町でちょっと特長のあるレストランです。
いつも混んでいていてこの日が3回めの挑戦でようやく入れました。
予約しないとほぼダメです。電話で席を確保してから行くことが必須のようです。
当然ながら川越芋を使ったらメニューです。3種類くらいあるようです。
いいことは、ゆっくり時間を確保してれます。2時間近く居てもいい感じでした。
レジではちょっとめずらしい種類の新種の芋も売っていました。試しに買ってきたらとても甘いお芋をでした。

その他の写真
この店のホームページ

紅葉と雪の朝

11月21日に撮ったテニスコートの紅葉です。上から見るととてもきれいだったので。(テニスコートから眺めるとそれほどでもなかったんですけど)
他の数枚の写真
23日の大雪の朝の様子です。 他の数枚の写真ビデオも

マイナンバーで医療控除 領収書不要

マイナンバー制度を活用すれば無限に私たちの生活は便利で効率的になることができます。
政府・自治体や企業はそれをしっかり認識して進めることだと思います。市町村長や知事などのレベルでは、多くのIT音痴がいますので率先して進める先進的な首長が必要です。
三芳町は、残念ながら先端を走るというところにはないです...(マイナンバー制度に未だに反対している時代遅れの政党と議員もいますすね...)
しかし、時代の流れですので抵抗はしても無駄です。以下にスピーディにかつ効率的に導入を進めてゆくかにリーダーたちの評価が掛かっている。


マイナンバーで医療控除 領収書不要
17年度分から2016/11/25 12:09日本経済新聞 電子版
 政府・与党が2017年度税制改正で実施する納税や徴税の環境を整備する施策の全容が25日、わかった。17年度分から、家族の医療費が一定額を超えた場合に税負担を軽くする医療費控除は、税と社会保障の共通番号(マイナンバー)を使って領収書の提出を不要にする。法人をつくる時に税務署に出さなければならない書類は減らす。一方、税務調査についてはIT(情報技術)データを強制的に徴収できるようにするなど厳しくする。
 25日の自民党税制調査会の幹部会合で案を示した。医療費控除の対象は1年間の家族の医療費から、保険で補填された額を引いた額が10万円を超える場合。基準を超えた額を所得から差し引き課税所得を減らせる。ただ現在は医療費の領収書を確定申告の際に提出しなければならず、手続きの煩わしさから申告を諦めている人も多いという。  政府・与党は17年度分の所得税の確定申告から提出を不要にする。保存は義務付け、税務署に求められたら提示する。  マイナンバーの個人用サイト「マイナポータル」の利用が念頭にある。健康保険組合から個人サイトに医療費通知を送ってもらい、利用者はこのデータを税務署にネット経由で送れれば、医療費控除の申請が簡単になる。領収書の提出義務を外すことで利便性を高め、マイナンバーの活用を促すねらいだ。  16年度税制改正で医療費控除の対象に認めた大衆薬も、領収書の提出を不要にする。申告する際に明細書と健康の維持促進に取り組んだことを証明する書類を提出する。  法人を設立する時の提出書類も削減する。現在は設立後に税務署に貸借対照表や登記事項証明書、株主などの名簿の写しの提出…

日本でも「民泊」が既に定着してしまっている!

今日の日経の記事です。

米エアビー宿泊 日本300万人超 1~10月、訪日客1割が利用
民泊とは旅行者らを一般住宅の空き部屋などに有料で泊めること。
エアビーアンドビーを利用した訪日客の数は16年1~10月の累計で300万人を超えて過去最高になった。15年は約130万人だったため、2倍以上の水準だ。「日本は(宿泊者の数で)トップ5に入る

AirbnbのWebサイト民泊というと、ちょっと違和感ありますが既に普通のことに世の中はなっているということですね。
特に関西の観光地を中心にホテルは常に満杯のようですから、民泊で安く泊まって日本を観光したい外国人はますます増えますね。
日本の海外からの観光客は、今年2,400万人前後になるのだろうと思います。2020年には4,000万人を超える予想ですから宿泊施設の不足解消には民泊ということになりますね。

このマンションなども部屋を購入して民泊用に利用する人が出てくるでしょう。一概に悪いことと禁止しれば良いものでもなく、良き方向性を今から考えてゆくことでしょうね。

全記事が読めない場合

袋田の滝へハイキングに行ってきました。

袋田の滝(久慈郡大子町=だいごまち)へ行ってきました。
天候に恵まれて美しい紅葉をたっぷり見ることができました。
車3台に11人が分乗して7:00にセンチュリーを出発!
紅葉シーズンのピークで日曜日ということもあり相当な人出でした。
高速を降りてからの一般道は、渋滞がひどかった。
15:00過ぎ早めに帰路についたのですが、帰りの一般道も途中の「道の駅 常陸大宮」までが混雑してノロノロ運転しか出来ず。この道の駅に多くの車が寄ろうとして片側一車線の道路に長い順番待ちの列ができたのが渋滞の原因。那珂インターで高速に載ってからも守谷パーキングを過ぎたところでの事故渋滞が30キロくらい続きひどかった。この事故渋滞を抜けた後は快適に飛ばして帰れました。センチュリー着18:55。




その他の写真はこちらをクリックしてください。

Amazon Drive Photos に保存した写真です。こちらはiPhoneで撮った写真をそのままのサイズで保存してくれます。上のGoogle Photosより少し画質が良いものがあるかもしれません。こちらはビデオは預かってくれません。写真のみです。

スマホを持っていたら写真はGoogleに預けるのが一番と思います。無料で無制限、そのうえさまざまな機能が付いており、今後より便利な機能が付加されてゆきます。(私は毎日最低数枚は写真を取ります。都度、Googleにアップロードしてゆきます。うちの二人の娘にもこどもたちの写真を毎日撮るように言っています。どこまでやっているか不明ですが。こども=私の孫=がある程度大きくなっっときにきっと喜んでくれるでしょう。)
使い方の解説が↓にあります。
iPhoneの写真・動画を丸ごとタダでGoogleに預ける方法



トランプ氏の勝利は、史上前例のない偉大なものだ。

日本財団会長 笹川陽平さんのブログにおけるトランプ氏の大統領当選の分析が鋭くおもしろい。

トランプ氏の勝利は、史上前例のない偉大なものだ。

この見方はとても正しいですね。 (引用) 単なる金持ちに過ぎないトランプ氏は、一人で朽ち果てたアメリカの体制派に戦いを挑み、見事に勝利した。個人の奮闘だけを頼りにする一人の民営企業家が大統領になれる国こそ、本当の意味での偉大なる国家だ。

マイナンバー制度反対派の根拠ない解説

↓のような記事を見かけたので、間違いを下記にメモしておきます。
主張/マイナンバー1年/国民には不要で危険な制度だ


1:そもそも「個人番号カード」は身分証明の他に今のところ使い道はありません
→ 使いみちはこれから10年くらいの年月かけて広げてゆく。今の使いみちが狭いのは計画通りこと。来年の7月から本格拡大してゆくのです。

2:むしろマイナンバー、顔写真、生年月日、ICチップが一体となったカードを持ち歩くことの方が紛失や盗難のリスクを高めます。
→ マイナンバーカードは盗難にあっても実害が出ないしくみになっている。なんら問題なし。(盗難が発生すると「大変だ!」とマスコミは騒ぐだろうけど。大変は何もない)

3:カードの申請も1千万件余りで頭打ちになり
→頭打ちになどなっていない。来年の今頃は利用は大きく増えている。(近視眼的にしか物事を見ないで判断するのはどうにかしている。)

4:利用対象を広げれば広げるほど個人情報は危険にさらされます。
→ 今の番号制度が無い状態だとより危険。先般起こった日本年金機構の漏洩問題などは、今のままの制度だと防ぎようがないのだけど。

記事魚拓

豊洲市場「空洞」騒動の真実。なぜデマが世論を席巻するのか?=内閣官房参与 藤井聡 | ページ 3 / 4 | マネーボイス

今回の豊洲問題の大馬鹿騒ぎは、このブログを読んで冷静になることでしょうね。
無駄な税金を使い、無駄な時間を費やすることに鈍感で、「だれかエリート官僚が懲らしめられるのを高みの見物で楽しむ」というTV局の誘導から目覚めることでしょう。

そもそも、なんで築地をヤメたのかを考えてみれば結論は出ている。

しかし、共産党など(負けじと公明も民進党も...) が地下に入り込んで独自検査して「安全であることを逆に危険と思わせる世論操作をしようと」した意図は何でしょう。安全基準を大幅に下回る検出値を危険とTVしか見ない老人たちに思わる、リトマス試験紙を青に染めて危険と思わせる。
吐き気のするような行為に思えました。


豊洲市場「空洞」騒動の真実。なぜデマが世論を席巻するのか?=内閣官房参与 藤井聡 | ページ 3 / 4 | マネーボイス:




8月22日台風一過

センチュリーハイク暑気払い

暑気払いの集いがB棟集会室でおこなわれました。
18:00 〜 20:00 そして 居残り会も
写真集です。



センチュリーハイク規約 をクリックで見ることができます。

SpaceX’s Falcon 9 rocket 、JCSAT-16の打ち上げ

SpaceX社のFalco 9ロケットが午後2時半ころ打ち上げられ、衛星の軌道投入や第一弾ロケットの回収に成功しました。
そのビデオが下記で見られます。

SpaceX’s Falcon 9 rocket will deliver JCSAT-16, a commercial communications satellite for SKY Perfect JSAT Corporation, to a Geostationary Transfer Orbit (GTO) 英語・52分ほどあります。

写真:← これは私がパソコンのスクリーショットで撮ったもの







「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏

都知事選挙が始まってすぐにヒドイ候補を4党は立てたなと呆れていたけど。
敗戦を語るインタビューが記事になりました。
憤りを超えて...この男を担いだ勢力はどう考えるのかとか、ますますもって薄っぺらいおとこと再認識させられた。
これほど世間の感覚とかけ離れた人間が知事候補に立つこと事態に呆れる。そして、政党が巨大はコストを掛けてこれを知事にしようとしていたとは。
全編にわたり、呆れ果てる言葉が並びます。恐ろしい!

「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】

「戦後社会は落ちるところまで落ちた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】

参考:
トランプ氏と鳥越氏の共通点
鳥越俊太郎「ネットはしょせん裏社会」。なるほど落選するわけですね。
鳥越俊太郎公式サイトから、都知事選関連コンテンツが全消滅。 (都知事選挙など私には関係ありませんよ。とでも言いたいのか... 一切の関連情報が消滅している。惨敗の反省などもなくこういうことができるというのも呆れる。赤旗は大健闘したと翌日報じていた。惨敗と鳥越俊太郎本人もみとめているのに。これも驚き。)

鳥越俊太郎氏の「失われた70年」
あの安保闘争とその後のソ連、中国共産党のなしてきたことを思うとこれはそう思う。
(引用) 60年安保のとき社会党が政権をとって安保条約も自衛隊も廃止していたら、今ごろ北海道はロシアの領土になり、沖縄は中国の領土になっているだろう。

鳥越さんの「僕は知らない」は、ネットでは全く通用しない
鳥越俊太郎氏のその人となりが余すことなく露出しており、悲しくも秀逸なインタビューとなっておりますが、それにしても全編を通じて氏の主張は「僕は知らなかった」という無責任な言い訳と、氏の「ネット」に対する憎悪にも近い偏見であります。

共用部分にも地震保険 集合住宅

共用部分にも地震保険 集合住宅、負担抑えて加入

マンションの各住戸などの専有部分は通常、入居者が加入する火災保険が補償する。マンションの共用部分の損害を補償するのは、管理組合が加入する火災保険だ。名称は火災保険だが、落雷や爆発、風などの自然災害、外部から石など物が飛んできた際の破損・汚損など幅広い損害を補償する。最近では「総合保険」などとも呼ばれる。

管理組合が保険料を多く支払うには居住者の負担を増やす必要があり、同意を得にくい。保険料の負担を増やさずに加入し続ける方法としては、契約内容の見直しが効果的だ。

野反湖へハイキングに行って来ました。

北村さんが撮ってくださった写真です。65枚あります。(←クリック)




IPhoneで撮った写真です。(前田撮影)
霧の野反湖(←クリック)






世界に広がるフィンテック・ブーム エストニアなど小国も名乗り/梅上零史

世界に広がるフィンテック・ブーム エストニアなど小国も名乗り/梅上零史:

 "「ブロックチェーン」"

「ブロックチェーン」 、Bitcoin そしてフィンテック この分野の革命的な進化が目覚ましい。

大きく私たちの住む社会を変革しようとしている。注目しないわけにはいかない。

ブロックチェーン技術とマイナンバー制度は、ホンの隣合わせにある。数年するとブロックチェーンを活用してマイナンバー制度が目指す領域を実現する方向性がうまれてくるだろう。

EconomicNews(エコノミックニュース)

EconomicNews(エコノミックニュース):

"マイナンバーでの個人情報の一元管理により、国や自治体のコスト削減になるのは当然として、利用者自身の行政手続きや健康管理といった面で確実に利便性が高まり、実用化のメリットは大きい。"

要点は、ここ↓です。
(引用) マイナンバーでの個人情報の一元管理により、国や自治体のコスト削減になるのは当然として、利用者自身の行政手続きや健康管理といった面で確実に利便性が高まり、実用化のメリットは大きい。

(3/3)記者の眼 - マイナンバーカード普及のために仕様の公開を:ITpro

(3/3)記者の眼 - マイナンバーカード普及のために仕様の公開を:ITpro:

マイナンバー制度における3つの仕組み
国内に住む全ての人にマイナンバー(個人番号)を付番する税、社会保障、災害時においてマイナンバーで該当者を特定し漏れをなくする希望者に「マイナンバーカード」を配布する。ここにある内蔵ICチップには公的個人認証(JPKI)を使えるようにしてある。マイナンバーは利用しない。 マイナンバーカードが普及すると、「企業がインターネットで提供するサービスで、顧客がIDとパスワードの組み合わせに代わって、JPKIによる認証でログインしてサービスを利用できる。つまり、ネットの安全性が高まる」ことになる。

実際の場では、マイナンバーカードを利用するので各人がIDと(特に)パスワードを設定して覚えているという必要がなくなる。大きなメリットである。数年後にはマイナンバーのICチップはスマホに入れることが計画されているので、パソコンでなくても利用が出来るようになる。セキュリティは世界最高度のレベルなので情報漏えいの心配も不要になる。


「地震は予知できない」という事実を直視せよ

今回の熊本地震をよき教訓として地震に備えるための予算の有効な使い方、国民の地震へ考え方を変換してゆくことが求められます。この記事はそういうみで多くの人が読み理解してゆこことが必要と思います。

「地震は予知できない」という事実を直視せよ

明日、東京にマグニチュード(M)7の大地震が起きる」と主張することは誰でもできるが、これは決して予知ではなく、単なる予言に過ぎない。なぜなら、「科学的根拠」がないからだ。1999年にネイチャー誌が開催した予知についてのディベートでは、世界トップレベルの研究者のうち、現時点で正確な予知を述べた者は皆無だった。東海地方で巨大地震が起こる前に予知を可能とする現象が発生することを前提に国の法律を制定してしまうことは、トンデモナイ“前兆幻想”といわざるをえない。メンツと予算の獲得のために法律を廃止できないのだろう。なぜなら、東海地震を前提にしたインフラ整備及びその予算は、担当する政府部局、自治体、関係業界、政治家など多くの人々にとって大きなメリットがあるからだ。政治とマスコミも反省すべき点は少なくない。結局政治は防災利権を食い物にしたとのそしりを免れないだろう。またマスコミも、御用地震学者から得た情報を十分な裏を取らずに垂れ流していることが多い。

マイナンバーと被災者台帳と熊本地震

マインナンバーの利用は、スタートしたばかりの現在は「税」と「社会保障」と「災害対策」の3分野です。
今回の熊本地震ではこの「災害」分野への利用がなされるはずです。しかし、ほとんど報道が無いので私もどうしてか?と感じていたところです。この記事はその参考に。
マインナンバーの活用の具体的手順も書かれています。
マインナンバーを利用することで被災した方に漏れなく行政などの手が及び、被災していないのに手当を受け取るなどという不正が行われないことなどがスムーズにできるメリットがあるはずです。

マイナンバーと被災者台帳と熊本地震
(引用) 避難所ごとに避難者たちがマイナンバーを申告する。そのことによって、避難所にいる人々の人数だけでなく、年齢構成や性別割合までが迅速に把握でき、被災者台帳が作成される。そしてその台帳を元に、適切な支援物資の配給や支援金の分配が行われる。

鳥貴族…430人分のマイナンバー情報盗難

このような記事がありました。
鳥貴族…430人分のマイナンバー情報盗難

マスコミは「マイナンバーが盗まれた!」という記事を書きたくてウズウズしています。
ニュースになると考えていますからね。
この記事も見出しからは、マイナンバーを盗み取ることを狙った事件としています。実際は、「社用車が車上荒らしの被害に遭い、助手席に置いてあった段ボールが盗まれた。段ボールの中には鳥貴族の社員やアルバイトなど約430人分のマイナンバー情報が書かれた書類が入っていたという。」ということです。犯人は、金目のものを狙ったんでしょう。たままた、その荷物にマイナンバーの書かれたコピーが入っていただけのことです。犯人にとってはそのようなもの只の紙切れにすぎません。(マスコミには大いに歓迎すべき紙切れですが。マイナンバー関連の紙切れが入っていなければニュースにできなかったのですから。)

しかし、このブログでも何度も書いたようにマイナンバーを盗み取っても何らの活用ができません。そういうシステム設定のもとで構築されています。
この店の従業員やアルバイトの人がこの事件によって、何らの被害を受けることなど一切発生しません。(被害が発生もしない出来事について、恰も大ごとが発生したかのごとくに報道して世間を騒がすこの日本の状況を嘆きたいですね。私は...)

マイナンバーは他者に知られても何らの危険はありません。よろしくご理解ください。

「都市伝説」に振り回されるな マイナンバー、日常生活の落とし穴

マインナンバー制度に関しての誤解やデマについての記事です。
「都市伝説」に振り回されるな マイナンバー、日常生活の落とし穴

マイナンバーとは、個人番号のことである。正式名称は「社会保障・税番号」という。マイナンバーが普及していない」という言い方は誤りだ。マイナンバーそのものと、マイナンバーカード(個人番号カード)を混同していることが原因のようだ。マイナンバーで副業が会社にバレるという都市伝説もある。ある経済誌のネット記事によって広がった。しかしマイナンバー制度が原因で副業がバレるというのは誤りだ。(このことは何度も報道もされているが、三文評論家がバレるバレると脅していますね。不思議なことです。こういう単純デマが歓迎される時代なのだろうか?)マイナンバーを教えない従業員を解雇できる、もしくは給与を支払わない――。(ありうるワケがないですよね。誰が考えたって。日本は法治国家ですよね。)

※ マインナンバー制度で重要なことは、個人番号カードの裏面に埋め込まれたICチップを利用して可能となるさまざまなサービスなのです。私たちの生活全般に渡り利用ができるようになります。ここは公と関係だけでなく、民との関係性で大きな活用がなされるようになります。10年くらい後には誰でもが理解できるようになるでしょう。
マインナンバー制度は民間利用を展望しているところにも主眼があります。これを理解できない反対派や無能評論家がいい加減なデマを振りまきます。(デマなので、半年くらいのサイクルでどんどん内容が変わってきます。このブログではそのようなことも追いかけてゆきたいと思います。)

地震予知は出来ない! -- その2

ロバート・ゲラー教授の書いた最新の記事がでています。
「地震予知はムダ。いますぐやめたほうがいい」東大物理学者の警告
「大震災の前には、なんらかの前兆があるのではないか」と、2万人近い尊い命が奪われた東日本大震災の後には、地震調査関係の政府予算が急増した。9年度から11年度までの予算が100億円内外だったのに、12年度は350億円に達し、13年度も250億円を超えた。
このお金(全額ではないでしょうが)を地震が発生した時に必要となる対応への備えとして使うべきでしょう。「予知はできない」と見定めれば地震研究に必要な金額は、現在の浪費されている金額の何分の一にも減額できるでしょう。


地震予知連絡会はこちらです。47年間続いているのだけど、予知したこと一回も無し。すべて見逃している。当然ですよね、「空振り」したら日本が半分ひっくり返るのだから。
しかし、重要なのは莫大な私たちの税金がここに注ぎ込まれているということです。47年間に渡って、なんにもしていない組織の活動にです。


学者の先生は、事後に分かったような解説をつけるのが仕事でもあるのでしょうね。(経済学者という類の人たちも同様ですね。経済予測でまともに当たった事ない。20年とか30年前に土日の午前のTV討論番組で経済学者が出てきてやってましたね。全てハズレでした。もうTVは見ないことにしています。経済混乱が起こった後に後付での分かったような解説はあります。しかし、ほぼ意味がない。)



地震保険の金額の矛盾などでもわれわれ国民は「地震は予知できる」という幻想のため無駄金使わさているということです。


この件については、こちらをクリックしてください。
地震は予知できないとしっかり見定めること、日本では大きな地震は10年くらいのサイクルでどこかで発生する。そのことに備えるべきであり、そのためにお金を注ぐべきである。地震が起きた時のための必要な資材の備蓄や人の育成や対応設備施設の充実に。今は予知が決してできない地震予知研究に膨大な金を注ぎ込んでいる。

下は予知できないの一つの例です。
熊本は地震の「安全地帯」 県の「企業立地ガイド」削除 「内容1から見直す」
熊本は地震の「安全地帯」、東北は「危険地帯」――こんな記載が含まれていたWebサイト「企業立地ガイドKUMAMOTO」を、熊本県が4月20日に削除した。


「北九州市で大地震が起きるの?」&q…

地震予知は出来ない!(SNSからの寄せ集め)

地震予知は出来ない、予知ができるとの幻想に膨大な国家予算を注ぐのではなく地震が発生した時の対応のために予算を使うべきだと主張してきた東大教授 ロバート・ゲラー氏の発言を中心にご紹介いたします。


村井俊治・東大名誉教授は、2016年熊本地震(最大震度7)を、全く予測できませんでした ↑の村井教授という人はネット上では容易に検索に掛かる有名人です。 恰も地震予知が彼にはできると発信しています。しかし、実際には... (引用)村井俊治氏を信じる人は、「地震が起きない場所にも予測を出しているくらいなのだから、予測が出ていない地域は安全だろう」と思ってしまうかもしれません。今回のように予測が出ていない場所に地震が起き、油断して被害に合ってしまうことも考えられます。出鱈目な地震予測は、詐欺的な行為であるというだけでなく、明らかに有害なものであると言えます。
自身の地震予測が出鱈目の精度しかないことを率直に認め、研究を直ちにやめるか、少なくとも真摯な態度でいちからやり直して頂きたいと、彼らには強く希望します。










膨らむ宇宙ステーションについて

BEAM(The Bigelow Expandable Activity Module)=「膨らむベッドルーム(膨張するモジュール)」とでも日本語訳しますか?
このBEAMがISS(国際宇宙ステーション)へ4月16日にドッキングすることに成功いたしました。先日のSpaceX社のロケットの宇宙船「Dragon」に搭載されてISSへ運ばれたものです。
この事によりISSに居住空間を付け加えることができるようになります。ここで居住したり実験したり、はたまた観光旅行客を迎えるスペースとしても役立たせる計画があります。普通は伸縮できないそのままの大きさの部品(モジュール)を宇宙に運んで組み立てます。(今のISSはそのようにしてできています)しかし、このBEAMが成功するとコンパクトな荷物を宇宙に運び、そこで風船のように膨らませることで広い居住施設を作り上げることができます。これから2年ほどかけて宇宙ゴミなどが衝突した時に耐えられるか、極度に低い温度や宇宙からくる放射線に耐えられるかなどのテストを行います。
実際には今回ドッキングしたBEAMは5月中に膨らませてフルサイズになります。

ISSにいる宇宙飛行士が年間に3回〜4回ほどこの膨らんだモジュールに入ってさまざまなテストを行ったり、十分に必要な機能をはたしているなどを検査します。各回数時間を過ごすことを計画しています。 
この約2年のテスト期間が済むとISSから切り離して地球の大気圏へ突入させて安全に燃え尽きさせます。

2030年代には人類を火星に送り込み一定の日数過ごすことを計画しています。(火星までは片道8ヶ月ほどかかります。)これを実現するためには人間が火星への往復日数とたいざい日数の間過ごすために必要な物資が大量です。このときにこそこの膨張するモジュールが重要な役割を果たすと期待されています。

ロケットでの打ち上げ時はBEAMモジュールは長さ7フィート(2.13m)✕直径8フィート(2.4m)の円筒型でした。これが13フィート(4m)✕直径10フィート(3m)に膨らみます。(なお、今回は初めての実験のため小型になっています。実用段階ではより大きなモジュールになりす。)



この内容の記事

前震ってなんだ? (地震予知は出来ない)

14日の夜9時26分に起きた大きな地震は、二日経ってから「これは前震であり、本震ではない」と発表されました。

ここ↓に解説が書かれています。
14日夜の震度7は「前震だった」 本震・余震との違いは?
このように前震とはいうものの、後になって「あれが前震だった」と判明することも少なくないようで、地震調査研究推進本部のサイトでも「本震が発生するより前に、ある地震が前震であるかどうかを判断することは、現状では難しい」

既に発生した地震についてすら、それが本震か前震かを判断することすらできないのが「今の地震学の現状」です。このことをしっかり認識しておきたいと思います。

今回の地震について、「おれはこれを予言していた」という話がもうすでにいくつもインターネット上に出てきています。週刊誌的なマスコミでは、それを持ち上げて記事ページビュー数を稼ごうとして取り上げています。立派な肩書を持った学者の中にも予言したという人がいます。海外にも「予見していた」という人が出てきています。(海外はより無責任に言えますが)
しかし、14日以前にはマスコミは決してそのような予見・予言を取り上げませんでした。当然ですね。無数にそのような予言はなされているからです。そして、それを行った人たちは外れたとき、全く素知らぬ顔です。そして、何度も何度も地震がこれから◯日後に起こると繰り返します。いつかかするようにあたることもありますけどね。

地震予知への「無謀な期待」から私たちの税金が膨大に無駄に使われていることを認識しておくことが必要です。私たちの税金は必要な地震学の研究にのみ使わねばなりません。「予知など出来ない」と思いきらねばなりません。

東海地震には、「地震防災対策強化地域判定会(判定会)」がありまます。以下の様なことを行うそうです。
判定会での検討結果を受け、気象庁長官が「もうすぐ東海地震が起きそうだ」と判断した場合、ただちに気象庁長官はその旨を内閣総理大臣に「地震予知情報」として報告します。

こんなことできるわけないですよね!
もうすぐ(例えば2〜3日後に)地震が起きます。と総理大臣が発表したらどうなるでしょうか?日本は大パニックですよ。そのパニックの大きさの方が地震が起こって引き起こされる被害より大きいのではないでしょうか?
そして、その地震が実際には発生しなかったとしたら... 想像してみてください…

地震の予知について

このような記事がありました。
「熊本地震は南海トラフ地震の前兆」専門家が緊急警告
内容的には、何の意味もないものです。
この記事の結びは「熊本地震を単体のものとしてとらえず、日本全体の「危機の前兆」と認識し、対策を講ずる必要があるのだ。」と書いています。
どんな対策を講ずるのかは、書いてありません。

私たちが考えておくべき重要な事は、
「地震も噴火も予知が一切できない」ということです。
残念ながら今の科学の能力では、予知が出来ないのです。これまで発生して来た大きな地震について、学者は一度も予知も予見もしたことはありません。
地震の予知とは、いつ・どこで・どの規模 の地震が発生するかを少なくも数時間まえに言い当てることです。
現在の科学の到達点において、これは一切できない段階です。世界の共通認識です。
しかし、日本ではあたかもそれがもうすぐできるが如き論調が学者にも政治にもマスコミにも蔓延しています。結果として膨大な税金が決して出来ない地震予知のために浪費されているのです。

何をすべきか:
お金の使い方と使いみちを即刻見直し変更することです。
日本においては大きな地震が、10年に一度くらい必ず発生します。これは確実なこと。しかし、その発生場所も日時も規模も一切予見できないのです。
日本のどこにおいてでも地震が起こったらその被害を最小限に留めるために備えを国や自治体が行うことです。そこにこそ税金を注ぎ込んでおくべきことです。予知ができるとの現像を振りまいて膨大なお金を使っています。ドブに税金を捨てているのです。学者の人たちは膨大かつ豊富な研究予算をもらえるので、予知が出来ないとは決してい言いません。
しっかり、話を聴いてみるとわかるのですが、どの学者も「予知ができます」とは誰も言いません。専門の学者ならだれでもそんなことが出来ないことは、常識以前のこととして分かっているのだから。

関連投稿 ← こちらもお読みください。

マイナンバーが官僚と企業の癒着の温床に! (余りにひどい論調なので)

このような記事がありました。
悪どい人がこの世には居ますね。
マイナンバーが官僚と企業の癒着の温床に! 甘い汁を吸う富士通、日立、NTTなどの大企業、横行する天下り
これで、本を売りまくって「稼ごう」という魂胆なんでしょうか。

マインナンバー制度は、インターネットという基盤が世界に構築されたから実現出来たものです。インターネットのことを分かっていないとこのような狂った論理を考えだすのでしょうかね。
ここで、『ビッグデータ』という言葉を使っていますが、これも非常に不正確です。ほとんどこの言葉の包含する意味内容を分かっていないのでしょう。

ここに書かれた理論が成り立つなら、インターネットが無かった数十年〜数百年ほど前の時代が良かったということになるんでしょうね。
そういう時代には「パナマ文書」の漏洩もありえませんでした。アメリカ国家安全保障局 (NSA)の情報を世界に知らしめたエドワード・スノーデン氏もウィキリークスのジュリアン・アサンジ氏登場できません。将に国家がひとり情報を管理する時代です。日本の戦争前の時代、ソビエトのレーニン・スターリン時代、北朝鮮の金日成から金正恩と続く時代、中国の毛沢東時代などなどは、インターネットがありませんでした。情報を持つのは権力者だけだった。そんな時代が懐かしいのでしょうかね。この人は。

インターネットがどのように世界中で私たちのビジネスや生活に活用されているかが全く分かっていないのでしょうね。(それとも分かっているけど、このように危険を振り回すとそいういう知識の弱い人が本を購入することを分かっていて狙っているんだろうか。悪どい。)

徹底分析 “タックスヘイブン問題”

NHKの番組です。これは重要な基礎知識となるので知っておくといいかと思います。
徹底分析 “タックスヘイブン問題”

タックスヘイブン=TAX HAVEN とは、文字どおり『租税を回避するための場所』
注:HEAVEN は天、天国、天空などの意味 発音など
  HAVENは、避難所、安息所、港、停泊所 の意味 発音

「パナマ文書」は“倒習”の導火線になるか

今回のパナマ文書事件が中国を如何に揺らがしているかの詳細レポートです。情報がインターネットで即時に世界に伝播し、どのような秘密情報もインターネットの力によって漏洩を免れることが出来ない時代になっています。
一党独裁という体制がどこまで維持できるのか...「独裁」という制度は腐敗が必ず中心部に存在するのは歴史が証明している。
指導部はこの「クサイもの」を覆い隠すことに執心しなければならないけど、さて...いつまで可能なのだろうか?

「パナマ文書」は“倒習”の導火線になるか

ICIJにも同じデータが送られ、各国記者らが協力して裏取し、裏取したデータについては、ICIJのサイトで公開されている。データはまだすべて裏取が終わっているわけではなく、裏取が終わり次第、残りもサイトなどを通じて公表されるという。モサック・フォンセカは世界第4位のオフショア関連法律事務所で、...この機密が流出したかは不明だが、目下の報道では、内部リークというよりは外部からのハッキングではないかという説が強い。筆頭は、党総書記にして国家主席の習近平の姉・斉橋橋の夫、つまり義兄の鄧家貴。彼はカナダ籍で、1996年に斉橋橋と結婚。もともと不動産企業家として優秀であったが、習近平のコネをフルに使って、レアアース利権などにも食い込み、....さらには毛沢東の孫娘・孔東梅の婿・陳東昇はバージン諸島にキーンベスト・インターナショナルという会社を2011年に設立。....13年の「新財富」誌による長者番付ベスト500では夫婦で50億元の資産を持ち242位というセレブである。思い出すのは、2012年6月末の、米ブルームバーグのスクープ。斉橋橋夫婦の蓄財の中身についてはかなり詳細に報じられていた。この時、夫婦2人で11企業を所有し、その資産合計は少なく見積もっても3億7600ドルは下らない、と報じられた。ちなみに同じ年にニューヨークタイムズが報じた温家宝・前首相ファミリー不正蓄財疑惑では合計資産27億ドルと報じられている。その後のブルームバーグ北京・上海支局に対する習近平政権の圧力は、尋常ではなかった。抜き打ち調査を行い、ブルームバーグ記者のジャーナリストビザ更新を盾にとって報道の自由を奪った。2015年4月にはニューヨークタイムズが、習近平、胡錦濤、温家宝らのファミリーが、不動産王・王健林率いる「万達集団」の株を取得…

Dragonカプセル ISSへドッキング成功!

こちらは、このドッキングの模様を私がiPhoneで撮った写真です。

今回の積載物の中にはISSでの宇宙飛行士が食べるキャベツの栽培セットがあるそうです。宇宙で野菜を育て食べることができる実験が行われます。

SpaceX 社が第一弾ロケットの回収に成功!

4月9日早朝(日本時間)にアメリカのSpaceX社が Falcon9ロケットを打ち上げ成功いたしました。
この打ち上げで、なんといっても注目されたのがロケットの第一段目を海上に浮かべた無人の艀(バージ=英語ではdrone ship としています。小さなしかも波間に浮かんで居ます。)に軟着陸させることです。いままで4回ほど試みて失敗しています。陸上に軟着陸させるのは昨年12月に一回行いこれは成功しています。
下のビデオは9日の成功した時のものです。


下の絵は、ロケットの軌道と第一段ロケットの降下を表したものです。このように海上に回収するのは燃料の節約のためです。第一段ロケットが切り離されてから、打ち上げのあった地点に近い陸地まで誘導することも可能です。しかし、それでは打ち上げに必要な貴重な燃料を回収のために多く消費することになります。それを避けるにはどうしても切り離されてから自然に落下してくる地点で回収することが求められます。ロケットに充填した燃料(液体酸素と液体水素)は搭載した宇宙船「Dragon」を安全にしかもなるべく高い高度にコスト安く運ぶのに使いたいということです。
第一段ロケットを回収出来るということは、大幅な打ち上げコストの縮小につながります。SpaceX社のCEOであるElon Muskは、これを「ニューヨークからロサンゼルスへ旅客機が飛行する度に機体を使い捨てしているのが現在のロケット打ち上げの状況だ。」と解説しています。少し大げさでしょうが、彼はロケットの再利用が実現すれば打ち上げコストは100分の一になるとまで言っています。一回打ち上げのコストは70億円前後らしいです。燃料費は20万ドルとのこと。(日本のJAXAの打ち上げはコストが高いので100億を超えるのが実態らしいです。)実際には、現在のコストの30%くらいまで引きさがるとSpaceX社の社長Gwynne Shotwellさんは先日記者会見で言っていました。
現在の宇宙開発では、ロケット打ち上げコストを如何に引き下げるかの苛烈な競争が起こっています。衛星を宇宙に飛ばしたいと希望する国や企業・研究機関は世界に無数といえるほど存在します。安くなれば一挙に注文が殺到します。日本では種子島から打ち上げますが、年に3回〜4回がせいぜいです。コストダウンが図れない状況にあるので難しい。(打ち上げ場所はで…

アメリカ大統領選挙、共和党の候補はだれになるのか?

アメリカの大統領候補を選ぶ予備選がそろそろ終盤に入ってきました。事前の予想に反してドナルド・トランプさんが大きくリードしています。しかし、彼はもともとは民主党に属していた人ですし、政策が非常に過激で多くの熱心な長年の共和党員からは違和感を持たれています。「なんとかTrumpだけは避けたい。」というのが本音です。
トランプ候補についてはこちらを参考にしてください。

予備選の勝敗で言えばトランプさんが圧倒的に買っています。しかし、共和党の大統領候補となるには(日本では考えられない)ハードルが待ち構えています。共和党の有力者のほとんどはトランプ嫌いなので、今の勝ちのレベルではどうも候補となれない可能性が高いそうです。以下の河野太郎さんの解説をお読みください。
日本の新聞では、こういうのは取り上げてくれませんよね。


河野太郎 36 mins ·  『ごまめの歯ぎしり応援版』の読者には「天下分け目のウィスコンシン州」という記事で、トランプ候補の共和党指名の可能性がウィスコンシン州にかかっているとお伝えしました。 そして、ウィスコンシン州の結果、トランプ候補の指名の可能性は限りなく厳しいものになったといわざるを得ません。 獲得した代議員の数では、トランプ候補はまだ独走していますが、過半数の代議員の獲得は難しくなりました。。 しかし、もし共和党大会の一回目の投票でトランプ候補が過半数を獲得し指名を得ることができなかったらどうなるのでしょうか。 再度、代議員による投票が行われ、いずれかの候補、あるいは可能性としては、その時まで候補者ですらなかった人物でも、つまり誰かが、代議員の過半数の票を獲得して大統領候補に指名されるまで、投票が繰り返されます。 ところが、この第二回目の投票から、トランプ候補が「獲得した」はずの代議員に関しても、トランプ候補に投票をしなくてもよくなるのです。 実際に、誰がどうやって、合計2,472人の共和党の代議員になるのでしょうか。 まず、共和党の56の州と地域(50州プラスワシントンDC、プエルトリコ、バージン諸島、北マリアナ諸島、グアム、アメリカンサモア)はそれぞれ3人ずつの共和党全国委員会委員を選出しますが、この3人は自動的に代議員になります。 州によっては、この3人も第1回目の投票では予備選挙の結果を受けて投票する候補者が縛られる場合もありますが、多くの州で…

1万円札8年ぶり増刷、訪日客増やタンス預金で

お金の動き、状況が大きく変わってきているようです。
日経の記事です。

以下、引用:
一万円札は前年度比17%増に。増加は8年ぶりだ。訪日外国人が現金を多く使っていることに加え、税と社会保障の共通番号(マイナンバー)で資産を把握されることに不安を抱える高齢者らの現金回帰が高まっているとみられる。
一方、電子マネーの普及を受けて一円玉は約50分の1に減らす。

マインナンバー対策で年寄りが自宅に現金を積むそうです。振り込め詐欺師たちには朗報なのでしょうね。(^_^;)
数年するとこのことがさまざまな面で顕在化してくるでしょう。社会の変革が進むことになります。
電子マネーは、ますます浸透してくるでしょう。今年の秋にはApple Payが日本にも上陸との噂があります。非常に便利なので、私は待ち焦がれています。

「お金」の概念が大変革を起こしているのが今日現在です。私たちの孫の世代はその変革が顕在化した時代に生きます。今から、出来る範囲で見通しておきたいとおもいます。

中国共産党の幹部の家族親戚がパナマ文書で出てきた!

Relatives of China’s Top Leaders Are Identified in Panama Papers
ニューヨーク・タイムズの記事です。この新聞はかつて 温家宝首相の蓄財を報道してる。

パナマ文書における中国に関する部分の詳細:
日曜日のパナマ文書の公開いらい中国政府は検閲をひどく強化した。彼らに関わる報道をするメディアに対しては厳しい迫害を行うようになった。パナマ文書に関わるワードをインターネットで検索出来なくしSNSなどで発信することもブロックしている。

中国共産党幹部7名のうちの少なくも3名(習近平主席含む)の家族・近親者が秘密のオフショア・カンパニーを利用していた。

習近平は、共産党幹部に於ける政治腐敗を一掃し清潔な経済の幹部たちで構成すると宣言してきている。一方、中国は世界でもっとも貧富の差の激しい国ではあるのだが。
今回の文書で明らかになったのは、中国における最高権力機関である共産党政治局常務委員会の構成員が関係していたことである。僅か7名の常務委員で構成されている。(任期は5年)
劉 雲山の義理の娘がバージン諸島に登録されている会社の責任者でかつてあった。
副首相・張 高麗の義理の息子はイギリスのタックス・ヘイブンに在る3つの会社の株主である。
習近平の親戚がオフショア・カンパニーを運営していた。習近平の義理の弟Deng Jiaguiと習近平の姉であるQi Qiaoqiaoの蓄財についてはブルームバーグが以前に記事にしている。
パナマ文書ではDeng Jiagui 習近平が主席になる以前に3つのオフショア・カンパニーを保有したこと明らかにしている。(既に持っているオフショア・カンパニーに加えて)
中国の政治エリートたちが世界的な法律の専門家や資産家のネットワークを利用していたことを明らかにした。
胡錦濤政権のときに多くの権力を持つ共産党幹部たちはオフショア・カンパニーを保有したことがわかってきている。